May 16, 2015

Sunset2015-summary

山形で暮らすようになり、夕焼けを気にするようになったのは、3.11の少し前くらいだと思う。それ以前にもしばしば、夕焼けを見ているだろうが、ちっとも気にしていないので、全く記憶にない。この4年くらいで最大のきれいな夕焼けは2011年7月19日のもので、ここに3番目にでている。まだデジタル一眼レフをもっていない頃のものですが、夕焼けのものが違います。この記事と同じです。その後は1番目と4番目の2013年10月4日が、みごとに赤くなってます。今みている風景では、月山が赤くみえることが重要ですがこの4枚目の写真は赤くなりすぎ。ほんとに赤くなるのは年1−2回です。ただ、見逃している場合もありますので。 朝焼けも一部みるようになりましたが、これこそ見逃しが多い。焼けるのは一瞬で、かつ朝早いので、無理。今このごろでは4時代ですから、疲れている今は、なかなかその時間にみることかなわず。

夕焼けも一瞬のチャンス。2枚目の霞城公園は東大手門をはいったところから、最上義光像をみているが、たまたまとおりかかっただけ。5枚目の夕焼け光線もほんの一瞬ですな。

夕焼けウォッチャーは、住んでいる環境に依存しますね。最近は写真を趣味にしていますが、今の生活環境から写せるものには限りがあります。

2013.10.4
Sunset1

2013,4,28
Sunset2


2011.7.19
Sunset3

2013.10.4
Sunset4

2014,8,22
Sunset5


| | TrackBack (0)

April 27, 2015

山形ラーメン2015-京都番外編

1

2015年春、京都に泊まるのはしばらくぶりである。このとき以来かもしれない。この時は、二条城の前の京都国際ホテルに泊まり、たしか朝食付きで1万円くらいで、ずいぶん安いなと思ったが、今回は桜の季節で、値段があがっていて、駅前のホテルで、朝食なしで1万4000円でしたが、たいへん便利なところでした。前回ブログの記事で二条城のそばの天下一品ラーメンにいったのですが、今回はまじめに下調べをしていましたら、この駅前のホテルの裏にニ軒ならんで有名店があるのをみつけたので、いってみることにしました。

2_2

3_2

4_2

夜7時すぎ、京都駅について、歩いて 東寺のライトアップをみることができました。例によって昼から何も食べていませんが、あまりの夜桜の美しさにみとれて遅くなり、帰りの京都駅ビルの中のパン屋はみなしまっており、1つだけあいていたところの売れ残りのパンを買い、22時前にお店の前につきました。暗いですが、行列をつくっていました。行列のないほうの「新福菜館本店」へはいってみました。太麺の黒いスープのラーメンでした。麺をとってこなかったのは残念です。九条ねぎがたくさんのっています。やきめしが有名とかでしたが、周囲に食べている人をみるにすませました。接客良好です。からみそはテーブルについていました。頼んでいる人は、キムチを頼んでいるようでした。この黒いスープは気にいりました。

5_2

6_2

7_2

2日目は午後半日歩いてすこし疲れましたが、夜9時すぎにこの行列が気になるので、もう一軒の「本家 第一旭 たかばし本店」の行列に並びました。「新福菜館本店」のほうも時折外にならびますが、次々入っていきますが、こちらは動きが遅い。どうやら少々回転が悪いようです。かなりの時間ならんでいただいたラーメンの麺はきのうと同じ、スープは薄め、同じく九条ねぎがたくさんのっていました。チャーシューが多いのは、今回はラーメンでなく特製ラーメンにしたからです。入り口に特製ラーメンと書いてあった。しかしこんな時間にも並ぶほど人を引きつけるものがあるのかもしれません。それが何かはわかりませんでした。チェックしたブログを書いている方の言によれば、やきめしを食べたいときは、「新福菜館本店」。餃子を食べたいときは「本家 第一旭 たかばし本店」。で、今回は餃子もいただきました。

翌日昼すぎ、この店の前を通ってみたところどちらも行列でした。もう一回きて、今度はやきめしも食べてみないとわからないなと思いながら、新幹線にのりました。

| | TrackBack (0)

April 07, 2015

山形市近辺の白鳥

2006年頃、山形市にも白鳥がくるという新聞記事をみてから、その写真をとりたかった。2008年の霞城公園で一度白鳥をみかけた写真をとった。その後、朝日町へ足繁くいくようになり、そこで初めて大谷の田んぼの白鳥にであった。その最初の出会いの時はブログ記事に残っています。その後、寺津や上山に白鳥が増え始め、この数年は、自宅すぐ近くの嶋地区にもあたりまえのように群れをなして、田んぼにいるようになりました。おかげでまだまだですが、ずいぶん接近して白鳥をとることができました。同居するようになった母は、そんなに白鳥とりたいなら、庄内へいってきたら、などと言いますが、ちょっと行ったってだめです。これだけの写真をとるだけでも、かなりな無駄に時間が必要でした。一枚一枚がそれなりの思い出になっています。だから写真っていい、そんなの今頃気付いてもということになりますが、今からでも遅くはない。人生はまだまだ。

20151


201512a

20152

20153


20154


| | TrackBack (0)

September 22, 2014

新海竹太郎「あゆみ」-山形市役所ロビー

1

2

3

新海竹太郎2013


| | TrackBack (0)

September 20, 2014

2014年夏から秋

新規の記事をさぼっているうちに、夏がすぎ、もう秋の気配。山形の冬は長く、もう長い冬の準備という季節です。

写真を縮小してはるという操作が面倒になってきた。Niftyのココログも進化が必要かもしれない。

3月以降の写真をtumblrで作ったpageを作ったのでのせておく。月1枚で1年というページを作りたい。
こちらです。

3月、春のおわりに山形市嶋地区に北帰行前の白鳥が目の前に無数にいるのを目撃したのが印象的です。

| | TrackBack (0)

May 21, 2014

2014年春

ブログをはじめてずいぶん時間がたった。はじめは過去に日記を習慣化できなかったので、日常を記録するためにネット日記をまねてみた。やってみるとやはり興味あるテーマについて書きたくなる。仕事関係は基本的に「個人情報」にあたりだめなので、山形の歴史にはじまり、写真に興味をもったので、じぶんなりにとった写真をのせた。グルメブログというのがはやって、ラーメン、そば、そしてうどんのお店めぐりをしたことも書いてみた。(けっして悪口、営業妨害になることは書いてはいけないが)

やっているうちのSNSのちがったものがはやるようになった。twitterにfacebook さらにevernoteが代表的である。それらは、ブログと連動するものです。写真をアップするもの簡単で、flickrとの連動もここちよく、ブログへの写真のアップがめんどうになってきた。

去年1年、身の回りの山形の四季を一ヶ月ごとにまとめてみた。1年すぎて、同じことをくりかえしていても仕方ないので、違うことをかんがている。もちろん最初のテーマの山形の歴史を深めたいが、なかなか進まない。

いまのところブログはまとめに使うのがいいようなので、とりためた写真を過去1年は月別にやってきたが、この先はテーマ別にやるのがいいと思うが、写真の選択という点でなかなか時間がかかる。ずっと主力機種だったPowerMac G5 2Gが完全に起動しなくなってしまったのも大きい。写真のバックアップはflicklrに移動しているので、困ってはいない。

2014年5月現在、自宅の主力機種は、macmini2012( 2.3GHz Quad-Core Intel Core i7, 8GB 1600MHz DDR3 SDRAM - 2x4GB,1TB Serial ATA Drive @ 5400)になっています。デスクトップの新型は高くて買えない。

2011年地震の頃からずっと使っていた2Gのmacminiはまだ職場で主力機種として使っているが、かなり厳しくなってきた。メモリーは4Gないと使えなくなっていくようです。時代はかわっているのでしょう。


ブログは、個人の公開日記なので、めったに書かない個人の記録もすこしだけ書いておく。前回の2月のまとめ記事の中の、ことし初のまーまーの朝焼けをみた2月末、これが我が家の希望の光になるといいと思ったが、なんとか1つ問題がその後解決して、3月末に我が家の分室が弘前にできた。まだまだ先は長い。

| | TrackBack (0)

March 04, 2014

2014年2月summary

201402sunrise1

201402surise2

FB利用がメインになりブログ更新が遅れるようになったためこのsummaryを始めたが、1年やってみたらそれなりに季節の移り変わりがわかるようで楽しい。2月はおわり頃になってやっとすこしきれいな朝焼けが見えた。夕焼けはあまり印象がなかった。

写真を撮る目的は、単にきれいな写真をとるそれだけです。

201402y1

201402y2

201402y3

この冬は(まだ終わったわけではないが)雪は少なく、たいへん寒いというものであった。冬の蔵王樹氷を晴れた日にいくという計画はことしもはたせず、月山が顔をだすくらい晴れた時にいかないといけない。いつのことになるか。白鳥は朝日町では会えず、嶋地区にたくさんいた。つららができないと言っていたら最後に小さいのができた。もうとけちゃった。朝日町の定点は相変わらず。朝日町ドライブは4年経過。


201402y4

201402y5

201402y6

暖冬ではないのに雪が少なく、霞城公園の雪景色もなかなかであったが、山梨に豪雪がきたときに結構積もった。この時の大雪で桜の木が結構太いところで折れてしまった景色があった。自宅でも紅葉が少しやられた。自然はしかしこれくらいではなんともないだろう。

Gassan20140224

冬場はなかなか月山は顔をださない。そしてまた3月、お雛さまの季節です。


| | TrackBack (0)

February 14, 2014

しっぽこ3ー品川家

Shina1

Shina2

Shina3

Shina4

品川家は、山形市街中のそば屋。市役所の裏、山形放送のならびにあり、毎日昼食のお店としてにぎわっている。昔土曜日の昼グルメをしていた時は、カレーきしめんか冷たい納豆そばをいただいたのですが、お店の前に書いてあるように、「名物 志っぽこ」の存在は気にもとめなかった。2014年2月第3弾として、はじめてしっぽこをいただいた。具が多く、900円。ゆずの隠し味がきいていました。羽前屋、寿屋、そして品川家。かなり近接して存在します。ガラパゴス状態と言っていいかもしれません。山形の冬の隠れ名物のうどん、2013年になって、やっとわかりました。


| | TrackBack (0)

February 04, 2014

そうだ、選挙、行こう。

Tt5_3

日本国民の良識とこの先の運命がかかった重要な選挙。きっこさんは投票率があがることが重要と考えこれを作ったそうです。東京都民の方はみんな投票に行ってください。


| | TrackBack (0)

February 01, 2014

2014年1月summary

2014011

2014012

朝は光。夕も光。
この冬の出だしはいっぱい降って、どうなることやらと思ったが、1月を過ぎて、雪はたいへん少ない。しかし気温は低く寒い。なぜか?屋根につららができない。おかげで蔵王の樹氷は20年ぶりのできだとか。機会があればみたいが。

2014013

2014014

自宅の庭のもみじの木。普通は雪にうずもれるが新芽がよく見える。1月末啓翁桜が満開となる。これは村木沢の方からいただいたもの。なるべく低温でおいた方が、長く楽しめるとか。

2014015

2014016

2014017

1月はじめ、雪が少ないので朝日町までいけたが、白鳥にはおめにかかれなかった。去年はラッキーだったのだ。寺津沼にいるはずだが、かもばかりだった。

仕事で碁点温泉にはじめていった。。左の三角の建物です。ここは最上川三難所(碁点、隼、三ヶ瀬)舟下りの始点です(左下の船着き場)。最上川三難所そば街道で有名なところ。有名なあらきそばもすぐ近くなのですが、せっかく碁点温泉にきたのでここの名物特大海老点2色そば1100円(割引クーポンで1000円)をいただいてきました。

2014018

FBなどはじめて、ブログ更新が遅れて、summaryシリーズをはじめましたが、あと1回で1年になります。春から少し工夫しないといけないか。


| | TrackBack (0)

January 01, 2014

謹賀新年2014

20141

20142

20143

3.11を経験したあと、自分があと一体どのくらい生きられるのか皆目見当がつかないが、30年は生きられないとふんでみても、その1年1年がたいへん貴重です。すでにその生を全うできなかった方も少なからずいます。庭の植物は、毎年毎年季節によってその姿をかえ、この真冬にはまあ冬ごもりです。何本もあるもみじは新芽がすこしずつでてきています。知らぬ間にこどもができて伸びていき、気付くと変なところで勝手に紅葉しています。大菊もまたはえてきて、春になると今年の分がまたとれます。また新たな繰り返しのはじまりです。

1月1日、年賀状はやめていますが、少しは必要なので、本日プリントします。

ことしも健康に気をつけて、生きていきましょう。


| | TrackBack (0)

December 28, 2013

しっぽこー羽前屋本店

Uzen1

Uzen2

Uzen3

Uzen4

山形のそばの老舗の1つ"羽前屋"にはいったのは実に10年ぶりくらいだと思う(これは11月第2週の土曜日です。)。すっぽこを書いたので、しっぽこを書かねばならなくなったのだが、ブログなるものをはじめる前にはよく行った、というか、山形にきて、はじめて板そばを食べたのも、ここだと思う。要はそばが少々高いので、だんだん敷居が高くなっていたのかもしれません。ここのラーメンも1度食べたことあります。以前テレビの山形ラーメンの番組で出たのもみてました。でもこのメニューにあるしっぽこには気付きませんでした。しっぽくー>しっぽこー>すっぽことなまっていったようです。このうどん冬の大人の味です。いい。寿屋さんより、ちょっと高級感あります。

しっぽこ、すっぽこのうどんの山形伝来には、江戸時代からのうずもれた歴史があるはずです。


| | TrackBack (0)

December 27, 2013

2013年12月summary

2013121

2013122

2013123

朝は光。

以前は朝焼けなんて、気にも止めなかったが、今は毎朝楽しみにしている。年をとったか朝はどんどん早くなり、今は5時おき、6時半には出勤。この季節、朝焼けが出勤後にずれこむ。

もう2013年も終わり。なんとか1年生き延びた。人はあたりまえだが、40代、50代、60代、70代でなくなる人がいる。最近そのペースは早くなっているように思う。そういう統計はでてこないだろうが。関係ないことにはなっているが、3.11は相当関係あるだろう。かと思えば、90過ぎてもぼけもせずぴんぴんの人もいる。その違いは大きい。何が違うのか、医学はその答えをまだだしてはいない。

2013124

2013125

夕焼けも3時過ぎるとでていて、5時には真っ暗な季節。夕焼けは淡くなるが全然こないわけではない。冬場、月山はなかなか顔をださないが、やっといい感じのところを1枚とれた。


2013126

2013127

冬の足音。それは白鳥。近年、内陸にもやってきて、こんな近くでみることができる。嶋地区の12月。ちょっと前には見ることができなかった風景です。

2013128

2013129

そして今年も、白黒の世界の始まり。大菊ももう食べて冬の準備にはいっています。この四季のsummaryシリーズは、3月からはじめたのですが、1−2月もやっていれば、これで締めくくりだったのですが、冬の間も続けましょう。

| | TrackBack (0)

December 26, 2013

すっぽこうどんー寿屋本店2(相生町)

Kotobuki20131

Kotobuki20132

Kotobuki20133

Kotobuki20134

Kotobuki20135

Kotobuki20136

Kotobuki20137

五段忠弥そばー寿屋本店(相生町)20101225

山形のうどんはこんなところにありました。このそば屋は1991年から知っているのに、「すっぽこうどん」の名を知ったのが、羽前屋の「しっぽく」を調べているときで2013年です。地元のひとでもほとんど知られていない山形の名物なのでしょう。やまがたに足を踏み入れてから30年ではじめて知った山形のうどん!

すっぽこしっぽくがなまったもの。「具沢山のあんかけうどん」のこと。長崎が発祥のもてなし料理「卓袱(しっぽく)料理」からと考えられる。山形で今にメニューに残っているのは、羽前屋、寿屋本店、品川家、栄屋本店と素仁庵さんだけだとか。品川家、栄屋本店と街中でしばしば行ったはずのところでも、その存在に気付いていない。次、品川家で食べてみよう。

すっぽこを知る感動は大きく、いろいろネット上でも取り上げられています。
城下町山形探検地図。


| | TrackBack (0)

December 06, 2013

2013年11月summary

あれから1000日が過ぎた。自民党政権にもどり、以前とかわらない政策で国をみちびいている。本来3.11以降は、過去の過ちをあらため、将来に日本国を作っていかなければならないのに何も変わっていない。小沢一郎氏はどこへ行ってしまったのだろう。津波被災地の復興は遅れ、原発の爆発はないものとしようとしているようである。しかし確実に放射能汚染はあり、いずれ国民をだましきれなくなるでしょう。安倍政権は国を再び戦争を導く政策をとっているかのようにみえる。

去年の11月には、できるだけ目の前の風景をとろうとした。ことしもあんまり変わりばえがしないが。朝焼けは淡く、よく反対側にくる。雲が雲海を作る。

20131101

20131102

夕焼けは、日暮れが早くなり、ほとんどこない。写真は11月1日。この日は東側も赤くなった。あとはあまりあかくなっていない。

20131103

20131104

大菊は一ヶ月咲いていた(まだ咲いていて、そろそろ終わりです。)。朝日町へは相変わらずよくいく。りんごがいっぱいだ。冬はいけないので残念だが、なんとか少しは行ってみたい。ことしこそ紅葉をしっかりとろうと思った。専称寺もきれいであった。もみじ公園があたりの日に行った。別の項に書く。

20131105

20131106

20131107

藤沢周平は、紅葉の終わった雪に埋もれる前の庄内が好きだったとか。紅葉が終わると、うすら寒く、写真どころでないが、去年もみた雲の合間から照明のような効果がしばしばみれる。

20131108

| | TrackBack (0)

«2013年10月summary