« 謹賀新年2006 | Main | いよいよ »

January 16, 2006

日経

きのうの日本経済新聞の裏側には、もういつになったらおわるのか期待されている愛の流刑地に、私の履歴書、北杜夫、さらに川上弘美さんの新年のエッセイ、読みどころ満載。きょうは北杜夫の妻の若い頃の写真がのっていた。思えばわたしは、北杜夫に誘われて、東北大学へはいったのだ。今はその茂吉のふるさとに暮らし、それなりに満足した日々。2006年に新聞で北杜夫の人生を再読するのもおつなもの。川上さんは前から思っているが私とよく似ている。同い年なのだが、むかしどこかでお会いしたかったヨーー。残念。愛の流刑地に愛はなく、去年から今年は自分にとっての人生の節目。昔すきだった、天皇の世紀を読破するのは、今年の楽しみの1つです。

|

« 謹賀新年2006 | Main | いよいよ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72041/8191523

Listed below are links to weblogs that reference 日経:

« 謹賀新年2006 | Main | いよいよ »