« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

June 29, 2006

どうやらことしも

夏は暑くなりそうです、新入社員に夏休みはなし、不景気でボーナス不払いなら泣いてしまいますね。ローンがおわるまで、旅行にも行かず、テレビも買わず、まして車の更新は無理で、趣味は山形史で、no costでこの夏も乗り切ります。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

June 25, 2006

滝の山が話題です

又の年の三月に出羽の國にこえてたきの山と申す山寺に侍りける櫻の常よりも薄紅の色こき花にて並み立てりけるを寺の人々も見興じければ
たぐいなき思ひいではの櫻かな薄紅の花のにほひは        西行

戦国時代の長谷堂合戦は有名ですが、その時代に長谷堂の大きなお寺があり、戦国期に焼失したらしい。平安末期に西行が、山形の櫻をみにやってきた。<たきの山と申す山寺>がそのときあった。はて、そんな櫻の名所が山形市にあったかいな。

横尾秀一   滝の山 自費出版

いにしえの大寺ーー山形市滝の山廃寺跡  2005 滝の山遺跡調査研究会

の2冊を購入読んだ。

白洲正子  西行  新潮文庫
の後書きにも記載されています。

この寺が、瀧山であるか、長谷堂本沢説の2つが古くから論争されていたが、長谷堂本沢でまちがいないと記載されています。
この寺を再建したのが、山形市内の例の宝幢寺という説も報告書のなかに書いてあって興味深い。そのお寺のあとは近いところにあるので、そのうち写真をとってきます。山櫻もあるようだ。とれるかな。

| | Comments (2)

June 17, 2006

さくらんぼの季節です

P1010024山辺、みどりラーメンを食べにいってとってきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2006

清河八郎homepage

Hachibanner庄内町が作った清河のhomepageは虎尾の会のmember,清河関連の人について詳述されていて感激ものです。
http://www.town.shonai.yamagata.jp/hachiro/index.html
です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2006

高橋泥舟

天皇の世紀の第8巻に、庄内藩による江戸薩摩藩邸焼き討ちの一件と西郷と勝による江戸城明け渡しの一件が記載されている。伊牟田尚平、益満休之助、山岡鉄舟が登場、さらにちゃんと高橋泥舟の役割も記載されている。数日前の山形新聞にまた、高橋泥舟さんが登場、その研究会ができるとある。ああ、参加したい。河越 関古 さんがなぜ<泥舟>という本を書いたかも書いてある。つまりそれは、高橋泥舟の孫に、河越 関古 の父がもらいうけたとのこと。お宝をget しているひともいる。歴史を学ぶにはそれなりの資料がないと話にならないね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2006

6月のある日

P1010047

P1010048

桜の風景を6月にみる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ことしは

消滅しているので、さくらんぼは少数精鋭で、多くの送り先をやめてしまいましょう。コスト削減は個人のレベルでもおこなわないと、ローンが終わらない。

25年ローーンが、11年たったが、低金利の借り換えと今回の1件で先払いで、あと5年となった。先は見えてきたが、その間かせぐのが、至難のわざ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »