« さくらんぼの季節です | Main | どうやらことしも »

June 25, 2006

滝の山が話題です

又の年の三月に出羽の國にこえてたきの山と申す山寺に侍りける櫻の常よりも薄紅の色こき花にて並み立てりけるを寺の人々も見興じければ
たぐいなき思ひいではの櫻かな薄紅の花のにほひは        西行

戦国時代の長谷堂合戦は有名ですが、その時代に長谷堂の大きなお寺があり、戦国期に焼失したらしい。平安末期に西行が、山形の櫻をみにやってきた。<たきの山と申す山寺>がそのときあった。はて、そんな櫻の名所が山形市にあったかいな。

横尾秀一   滝の山 自費出版

いにしえの大寺ーー山形市滝の山廃寺跡  2005 滝の山遺跡調査研究会

の2冊を購入読んだ。

白洲正子  西行  新潮文庫
の後書きにも記載されています。

この寺が、瀧山であるか、長谷堂本沢説の2つが古くから論争されていたが、長谷堂本沢でまちがいないと記載されています。
この寺を再建したのが、山形市内の例の宝幢寺という説も報告書のなかに書いてあって興味深い。そのお寺のあとは近いところにあるので、そのうち写真をとってきます。山櫻もあるようだ。とれるかな。

|

« さくらんぼの季節です | Main | どうやらことしも »

Comments

すでにこの長谷堂の廃寺をみてきた方の写真がのっているところを発見しました。

http://www.jmcy.co.jp/~goto/photo2004/041107/pp041107-3.htm

です。

Posted by: 自分 | June 26, 2006 at 04:13 PM

東の滝の山についての記載が多い中、よくぞ書いて下さいました。長谷堂出身の小生として、本当に嬉しいことです。高校の同級生でも、西か東かの問題に、興味を持ってる者が些かながら居ります。上山でも、この件について、記載がありました。山元地区の滝の山として。

Posted by: 片桐四郎 | August 27, 2009 at 10:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« さくらんぼの季節です | Main | どうやらことしも »