« 冬入り | Main | 山形の古本屋 »

December 03, 2006

清川古戦場

山形新聞のちょっとそこまでは去年からことしにかけて、春夏秋冬の四冊の小冊子になって、山形をテーマとしているものにとっては、ありがたい記事であるが、11月の夕刊にのった記事は清河八郎のふるさとであるので紹介しておく。戊申戦争はじまりのとき、官軍が庄内にせめいったとき、この清川が戦場となった。八郎記念館で買ってきた八郎の父雷山がしるした清川合戦実録も紹介されている。藤沢周平はこの辺の事情について書かなかったが、佐藤賢一さんあたりに書いてもらいたいものである。後藤嘉一のやまがた明治零年は必読だが、こういうすぐれた書物は新刊書店にはない。手元にあるのは、日本の古本屋から探して買ったものである。

|

« 冬入り | Main | 山形の古本屋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72041/12913531

Listed below are links to weblogs that reference 清川古戦場:

« 冬入り | Main | 山形の古本屋 »