« 佐藤賢一,新徴組1-100 | Main | 介錯1-4 »

May 22, 2007

家族

Aoba

同じ場所が5月ともなれば、こうかわります。

日曜日の朝日新聞に掲載された女優江角マキコさんの<家族>に関する手紙は、しばらくぶりに感激ものの話でした。他の新聞の記事にもなっています。もちろんあちこちのブログも反応しています。2007年現在の人の世は、個人の歴史なのだと思いました。現在幕末を扱っていますが、ちょっと昔には、政治の責任の取り方は、責任者たる武士が切腹することによってとりました。だからいろいろな話は感動を生みます。しかし、現代はどうでしょう。だれも責任をとりません。失政してもだれも責任をとりません。死ぬ必要などないのです。だから、現代は個人の歴史が感動を生むのです。江角さんが自分のことを手紙に書いた勇気は、驚くべきものです。

きょうはしばらくぶりの宴会で自分の赤い顔を公開しようかと思いましたが、日曜日の朝日新聞にのった江角さんの美しい顔をごらんください、と言って終わりにします。

|

« 佐藤賢一,新徴組1-100 | Main | 介錯1-4 »