« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

June 28, 2007

裏金2−8、さとけん新徴組

わたしには、この小説、非常によいのです。庄内の(山形の)幕末維新明治初期をほとんど興味をもって学習できるから。しかし、作者は新徴組の何を書こうというのでしょうか?もてあそばれる新徴組の運命か、菅実秀、松平権十郎の行状か、 特にこれから菅実秀は、謹慎、京視察(西郷暗殺をねらった!?)、佐幕でまけているのに、うまくたちまわって、明治初期の権力を握り、大賢人か極悪人かよくわからないところがあり、描き方もむずかしかろうと思うのですが。

なかなか三勇士切腹しません。<他でもない、第二次長州征伐の最中なのである>将軍家茂は京にいますが、まだ第二次長州征伐ははじまっていません。第二次長州征伐、ということばも歴史の現在進行形のなかでは使われない言葉とも思いますが、どうなのでしょうか?!

|

June 21, 2007

裏金1

いよいよ慶応元年12月12日の事件です。

12月12日 新徴組六番組府内見回りの節、神田明神前において直参永島直之丞乱暴す。羽賀忠次、中村常右衛門、千葉雄太郎これを斬る。
12月26日 羽賀忠次、中村常右衛門、千葉雄太郎、切腹。

の場面です。千葉雄太郎の後を嗣いだ弟の千葉弥一郎が、新徴組という書物を後生に残します。これをよみたいですね。

小林登之助の名が登場。新整組について少し書いています。

<「まるで戦だ」と酒井吉之丞は思う。>
酒井丁恒の年表でみると、この時期すでに庄内にもどっているように思われます。庄内藩は丁卯の大獄へ進んでいく時期です。

|

June 20, 2007

水野行蔵

わたしの年表では、

慶応4年(1868)
1月3日 鳥羽、伏見の戦い。
1月4日 水野行蔵(庄内藩の勤王家)獄中で毒殺。

とだけ登場のこの人(水野行蔵ーこうぞう)を検索すると、8件あり、お墓の位置(鶴岡市本鏡寺)をまず確認でき、そのhistoryは、

上野禎蔵(水野行蔵、鵬、図南)上野穀夫
荘内藩上野猪蔵長男、帖場係を経て、嘉永6年(1853)脱藩、江戸林鶯渓塾に学び、安井息軒、藤森弘庵、山田方谷を交友として後水野行蔵と改名、安政3 年(1856)蝦夷地巡礼、開発意見書呈出、翌年江戸において国事奔走、文久2年(1862)目付、沢左近将監の臣となり、閣老板倉小笠原に攘夷、大政奉還を説き元治元年(1864)牛込に捕えられ、翌年庄内で獄死(明治1.1.4. 1868、行年50、則成院是敬信士)曾孫上野毅夫は昭和6年外務省に入省、外交官として南米ブラジル各都市、ポルトガル大使館勤務、昭和47〜50年迄、ブラジル、レシーフ総領事等を歴任(昭和55.7.9 行年70 秀峰院政徳日毅居士 当主東京、上野貞氏)

と記述されている。清河の年表にも登場しますが、藤沢周平の回天の門にも、獄中にあるお蓮さんの支援者の庄内藩士としてしばしば名前がでてきます。この人はいったいどういうひとかと思っていたら、

佐藤三郎 庄内藩酒井家 の中に、小関三英、本間郡兵衛とともに詳しく書かれていた。幕府の沢左近将監につかえて、京へゆき勤王家と交わり、幕閣に大政奉還を早くからとなえていたが、清河暗殺の翌年沢左近将監の失脚とともに捕縛され(元治元年7月10日)、慶応元年5月庄内に護送された。この頃庄内の勤王派は、粛正され、この時期を獄内で生存。しかし慶応4年1月4日獄内で毒殺。ーー子孫のことはお寺の記述にある。

新編 庄内人名辞典 の中にもちゃんとこの名は書いてありました。この人物史の原典となる昔の文献も引用されていました。
清水安義 水野行蔵事績 大正6年
(さすがにこれは日本の古本屋では検索されませんでした)

|

June 18, 2007

おまわりさん6-10,突入1-6

山形新聞連載 佐藤賢一 新徴組 第119回ー第130回
きょうはピストルが登場し、捕物帖をやっています。時代背景、時間関係をよく把握しておかないとわかりにくい小説かもしれません。本当のクライマックスは、薩邸焼き打ちでも、新庄城炎上でも、鳥海山登山でも、鶴岡開城でもなく、明治5年の大脱走でないかと思うのですが、先は非常に長く、気長に見物してまいりましょう。新徴組からみているので西郷隆盛登場とはいかないでしょうかね。

|

庄内浜6月

Umi

Umi2

Tsuri

つり部の例会にお供した。限りなくあつみに近い漁港で野宿して、つりをしたそうな。わたしは、ちょっと野宿は無理と思い、日帰りコースにさせてもらった。この趣味はなかなかたいへんと思いながら見物していた。いつもながらの真っ青な庄内の夏の海をみて、ボーとしていると頭はすっきりする。本当は鳥海山と海をカメラのおさめたかったが、南の方にきてしまった。半日夏の日差しの中にいて、翌日はやけどして、例によって真っ赤な顔をしていた。患者様のご家族様も変な目でみていた。

ついにデジタル一眼レフを購入したが、今回は間に合わず旧versionを持っていった。次回より21世紀型の新型カメラで登場の予定。もっともアナログ一眼レフでとった写真はまだ現像もしていない。

|

June 13, 2007

さくらんぼの出来

本日の山形新聞談話室<...先日発表された県産サクランボの予測収穫量は「やや少ない」。果実の肥大は良好だが、着果数が前年を下回っているのが心配のタネと。....>このあとなぜか太宰治の小説「桜桃」が登場する。着果数が前年を下回っている、、という記述がくせもので、うちがいつもたのんでいるところが、ことしは、あまいけど、数がすくないといわれ、すこし値上げのよう。もともと高いのでこたえますが、長年の習慣はやめられない。あまさには問題ないとのこと。結局、この冬の異常な天気(まったく雪のない暖冬)が影響しているようです。

|

June 12, 2007

ついに宴会風景

Enkai

職場を変わって1年以上たった。失ったものも大きかったが、かわりに得たものも大きかった。宴会はずっとあったが、ついにその風景の一部を公開。顔の写っちゃった方御免なさい。前の職場では、4000円飲み放題なんて行かなかったが、ここは若い方が多いせいかこういった飲み放題の宴会ばかり。食べ物がそれなりに食べられるところがよい。ここは市内某所で、山形ではいちばん高いところかも、場所のわりにほかの客はなく、結局貸し切り。ラッキー。

| | Comments (0)

June 10, 2007

6月の山形SLが走る

Rokugatsu1

Rokugatsu2

Jyoki1

Jyoki2
*
*
*
*

なかなかうまくとれず。帰りはなんと反転しないでそのまま帰ってくるとは!もう1回チャンスあり。
これほとんど徹夜の仕事の後にとっているんですよ!!!

| | Comments (0)

June 08, 2007

おまわりさん2-5

江戸市中見回りをする姿は、京のような血なまぐさいにおいはまだなく、ほんとうにおまわりさんを演じている姿がえがかれています。今は慶応元年(1865)秋と思われます。長州が高杉晋作らによる政権奪取後力をつけ、翌年早々の薩長同盟成立にむけた時期です。水戸の天狗の処刑も終わっている時期です。たぶん庄内藩内の改革派が老中に訴えるのもこの時期だと思います。その後庄内藩の改革派は弾圧され、1年後に粛正されてしまいます。薩長は倒幕に向けて暗躍をはじめ、2年後にいよいよ相楽総三、伊牟田尚平、益満休之助らを江戸にしのびこませ、江戸の治安をみだし、そこで新徴組とぶつかることになります。そのクライマックスが2年後の江戸薩摩藩邸焼き討ち事件です。

相楽総三については、

長谷川伸 相楽総三とその同志たち

が決定版です。わたしのは講談社 日本歴史文学舘版で、例によって以前、日本の古本やからget。伊牟田尚平、益満休之助については、清河八郎の虎尾の会のmemberとして、すでに名前がでています。

伊牟田尚平については、

川畑利久 維新の志士伊牟田尚平  鹿児島歴史研究 第2号

国事鞅掌者の映像 : 伊牟田尚平について(伊牟田の死を考察した論文、全文が読める)

益満休之助については


村野守治 実説益満休之助 敬天愛人 第5号

を前に収集しておきました。江戸薩摩藩邸焼き討ち事件については多くの文献があり、最近手にいれた2冊を紹介しておきます。

Satsuma1

Satsuma2

伊牟田比呂多 幕府挑発 江戸薩摩藩邸浪士隊 海鳥社 2000年  1600円

安藤良平 赤報隊と薩摩邸の浪士  日本文学舘 2004年 1200円

|

June 03, 2007

介錯5−12,おまわりさん1

沖田林太郎が介錯をむすこの芳次郎にゆずり、みごとにやり終えた。ここのところの記述は小山松新徴組でもながいので、何か原典があるのだと思います。そしていよいよタイトルが<おまわりさん>!日本語として日常使われているこのことばの語源がこれだそうですが、本当でしょうか。作者が教えてくれるでしょう。そして3勇士の切腹といくはずです。新撰組とちがって、血なまぐさくないですね。実にまじめに働いていたようにみえます。ーーそして時は流れ、戊辰戦争にどちらもまきこまれていくのです。

|

山形のあまいもの2

Espo

 山形市のどら焼きといえば、栄玉堂です。新築してビルになってしまいましたが(どら焼き御殿と呼ばれるそうです)、少しまえには、のんびりしたお店でコーヒーをのんでおしるこを食べた覚えがあります。このどら焼きもやっと買ってきてたべたことありますが、すぐに売り切れでめったに食べられないもののことは書かずに、そのならびにある小さなケーキ屋エスポワールを紹介します。これがいいのです。前の職場で毎年御用納めの時買っていた長細いシュークリームは、もう一つの絶品で、いつも、<2本入りください>とか<3本入りください>といって買ってきます。食べきれないときは、切ってラップにくるんで、凍らせると、シュークリームアイスになり、日持ちもして、いつまでもうまく食べられます。この店の手作りアイスもいいですね。一度食べてみてください。日曜日ではあったが、職場に3本入りを買っていってやった。

|

« May 2007 | Main | July 2007 »