« 高橋泥舟、黒幕3,4,5 | Main | 薩邸焼討-黒幕6,7 »

July 19, 2007

朝日軍道

二年後の直江兼続では、山形の戦国を学習する予定ですが、きょうの朝日新聞に直江兼続に関するおもしろい情報が掲載されていた。それは朝日軍道と呼ばれる朝日連峰に直江が作った山道です。当時庄内は上杉領で、米沢から庄内にぬけるのに、平地では敵である最上の山形を通っていかないといけないので、別ルートで朝日連峰を縦走してゆく道を開発していた。それは、長谷堂合戦でも庄内をおさめていた志駄義秀が逃げる時に使ったそうだ。負けた後、庄内は最上領となり使われなくなったが、今にその道は残っているそうだ。ちゃんとその道をたどっているひともいる。

朝日軍道、調査登山記録

直江を学習する参考書もぼちぼち集めているので、のんびりやっていきますよ。先は長い。

|

« 高橋泥舟、黒幕3,4,5 | Main | 薩邸焼討-黒幕6,7 »

Comments

ええ、現在でも朝日軍道は残っておられますよ。
鶴岡のタキタロウ館に、朝日軍道の地図と概要が
写真付きで展示されていたよ~

Posted by: 朝日軍道 | June 24, 2009 at 06:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72041/15812718

Listed below are links to weblogs that reference 朝日軍道:

« 高橋泥舟、黒幕3,4,5 | Main | 薩邸焼討-黒幕6,7 »