« ショックだ | Main | 夏目雅子 »

September 16, 2007

夏の日差し、総司1-13

きのうきょうと異常な暑さ。残暑でなく、秋だというのに真夏の風情。壊れたデジカメをどうするか思案中。新型デジタル一眼レフはあるが、かさばるのでどうしても小さいのが必要だ。

OsiriXの必要スペックをみてがっくり。いつのまにやら最新型マシンでないとだめのよう。iLife 08 のIMovieも更新しちゃうと使えなくなる。結局、また新型マックの検討もはじめないといけなくなる。videoはFLV という形式が花盛り。学習しなければなりません。ニコニコ動画にたいへんお世話になりましたが、詳細は書きません。皆で楽しみましょう。

テレビはまだ4年の有余があるからいいが、困ったのは洗濯機。さて金がいることいること。

で、新徴組はというと、
衰えて江戸に戻った沖田総司と林太郎の会話が続いています。新徴組江戸出立の前にこういう機会もあったかもしれません。慶応4年(1868年)はじめ、新徴組はもうすぐ庄内へ向かいます。全体の状況をこの会話から述べているわけです。ずいぶんだらだらとした進行です。いくさの前の静けさ。

|

« ショックだ | Main | 夏目雅子 »