« 麺屋かぐら | Main | らー麺山之助 »

December 14, 2008

天地人間近ー篤姫最終回

明治編を1回でやりました。その後のみなさんの様子をお知らせしたという感じです。起こった事実を幕末編に続いて大急ぎでみていました。どうやっておわるのだろうと思ったら、しっかり終わりからどんどん前へ前へと若返って最初のシーンにもどりました。いい終わり方でした。青春物語でした。事実とはかならずしも同じでなくてもいいです。しかし会津の殿様ワンカット、東北の戦い無視で、大河じゃ、白虎隊はやらないね。永久に。2年後また坂本龍馬でこの時代をやります。いよいよ戦国にもどって、直江兼続へいきます。本屋さんは、直江本のやま。長谷堂が有名になるか?!参考書には事欠かない。

宮脇書店が町中のアズ七日町の2、3階にオープンしていた。まあまあの大きさですが、山形ですからこんなもの。東京駅西口の丸善や、神田神保町の三省堂など巨大な本屋を知っているので(東京の本屋と比べるものではないが)、これでは、まあ小松の本店とたいして変わらない。結局八文字屋で、直江本を1冊買ってきた。山形の中心部は車でいきにくく、結局郊外の方が行きやすいのですがね。

ちなみに昨晩は忘年会の書入れ時で、職場で一晩中不眠不休で働いていたのでした。

|

« 麺屋かぐら | Main | らー麺山之助 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天地人間近ー篤姫最終回:

« 麺屋かぐら | Main | らー麺山之助 »