« February 2009 | Main | April 2009 »

March 2009

March 30, 2009

日本の現代史のまっただ中4

植草一秀の『知られざる真実』
今回検察がおこなった異常な行動を日本中の国民が知るべきだ。上記の記述をよく読むこと!今週のサンデープロジェクトで高野孟さんが最後に言ったことを聞くこと。何か異常な国家像が目の前にあるような気がする。わたしは、個人的に小沢政権の誕生を期待するものである。

こんなところで辞任してはダメですよ、小沢さん! ——5月総選挙?で「勝てる」という自民党の勘違い

| | TrackBack (0)

March 29, 2009

食事処里味2ー酒粕ラーメン

Satomi3

Satomi6

前回の271号線から山形市中心部を里味のところからみた風景です。里味の酒粕ラーメンは10月から3月まで限定とのことで、本日は迷わず里味へ直行です。この半年以上うちのがきどもはけっしてついてきませんでしたが、本日数年ぶりに家族そろってラーメングルメへ。ここのとんかつは気になっていたのでまずそちらからいただきました。なかなか食べられます。

Satomi4

Satomi5

妻は中華を注文、わたしはいよいよこの酒粕ラーメンです。初耳のラーメンですが、ネット検索すると京都にありました(酒粕ラーメン玄屋)。白く濁ったスープ、酒粕独特なにおい、しかしさっぱりした感じのスープ、麺は中華と同じで細麺、ゆでかげんは上々。何よりたべたあと2時間以上おなかのなかに暖かみがのこっています。チャーシュー、ワカメ、メンマ、ネギに、一味唐辛子がかかっています。こんなラーメンはじめてです。くせになりそうですが、次回は来年の冬かもしれません。

| | TrackBack (0)

March 25, 2009

日本の現代史のまっただ中3

わたしは小沢続投を支持します!!!

あちこちのブログの記載ではありませんが。
カナダde日本語
植草一秀の『知られざる真実』
晴天とら日和
日本はいつから社会主義国家になったのだろう。

| | TrackBack (0)

March 23, 2009

日本の現代史のまっただ中2

毎日まだ新聞の攻勢が続いています。しかしひどい記述であることは明白。
あす小沢秘書起訴にニュースがかけめぐるのでしょうか?どんな罪で?小沢はむしろクリーンなひとなのではないでしょうか!逮捕直後の小沢の記者会見にうそはないように思えます。
明日は「一犬虚に吠ゆれば万犬実を伝う」日ですかね~。

| | TrackBack (0)

食事処里味ー飯塚

Satomi1

Satomi2

ある山形のラーメンランキングで☆☆☆☆のついていた里味。知らないと調べてみると、自分の職場のすぐそば。前回の庄司そばと四天王西原の大沼食堂でいく道のもっと手前にある食堂です。きょうは年度末で送別会があるから、外で食べてきなさいと妻にいわれ、さっそく行ってみた。細麺、さっぱり味、スープがこれはいい。麺のゆでかげんもよく、スープはくせがなく、のみやすくいつもがまんしてのまないのに3分の2ものんでしまった。チャーシュー以外はいいですね。まだ塩味の魚醤ラーメンとうわさにしか聞いていない酒粕ラーメンがあり、順に食べてみないと。ここにはなぜかとんかつ定食があり、これがまたうまいとか。値段は500円たす大盛り100円。ーーーいや、驚きました。こんな近くにこんな特徴的なラーメン店が3つもあります。また行きます。その位置関係を下図に示しておきます。
Nishi


| | TrackBack (0)

出雲2-岡山駅に忘れ物

普段職場でピッチを首にかけているのは、手でもって歩いているとよく忘れるからです。どこへいったかわからなくなって、探すことがしばしばでした。それを旅先でやってしまいました。ゆきの岡山駅、トイレで電車の時間とあわててでたのが失敗でした。特急やくもで出発してから携帯電話のないことに気付きました。さあどうしよう。引き返すかそのまま行くか。約10分で隣の倉敷へ。仕方ないまだそんなに時間はたっていないと、引き返すことにしました。幸い時間的余裕があったことがよかったと思います。また幸いすぐ岡山ゆきの特急がきたので、それにのって岡山へもどりました。トイレからでて約1時間。もどってみると、やはり携帯はありませんでした。もうでてこないだろうと思いましたが、一応どうすればいいか届けておこうとまず改札口へ。駅員さんは、手慣れた調子で、まずそのような忘れ物が届いていないか確認。駅の外の忘れ物センターへいってくださいと、その位置を示す紙切れをくれました。まずそこへやっといくと、状況となくしたものと住所を書いて、一応警察にもとどけてください、といわれとなりの交番へ。やれやれと思って交番で話しているところへ、その忘れ物センターから電話がきて、それらしきものが駅の改札口へ届いたと。かけつけてみると、奇跡的に自分の携帯に再会。届けてくれた人は、急いでいると名前は教えてくれなかったと。そこでほっとして、また忘れ物センターと交番へよって、お礼をいってから、再びやくもにのりました。その間約2時間の遅れになりました。ーーーそろそろ携帯の更新期にあり、まあとりかえればいいかと思ってましたが、愛着がわいてもうすこしこの旧式につきあいましょうかということになりました。ラッキーだったと思います。親切なひとはいるものです。

| | TrackBack (0)

March 22, 2009

庄司そばー飯塚

Shouji1

Shouji2

Shouji3

山形には、有名な庄司屋というそば屋がありますが、こちら庄司そばは、昔からある飯塚のラーメン屋。大沼食堂で普通もりをたべたらまだいけるというので、その手前にあと2軒あるうちの、車がいつも止まっていて満員の以前より気になっていた庄司そばへいってみた。ばあさんが一人で作っているようでした。材料がなくなるとじいさんがよばれて何かやってました。ばあさんがでてきて、40年もやっているんだよと言っていました。昔ながらのラーメンには違いありませんが、こちらは味が濃い。麺が太いたまご麺。キクラゲがいっぱい。麺はやや柔らかいが、スープは独特。これはやみつきになるわ。これ450円!他のところとちがって、ここには冷やし中華に冷やしラーメンもあり、夏になったら食べてみたい。おまけにいただいた飴、味覚糖カンロ飴に梅入黒べっ甲飴、いい感じ。ここは職場から5分。いつでもこれる。

| | TrackBack (0)

大沼食堂-山形四天王-西(西原)

Oonuma1

Oonuma2

Oonuma3

職場から西バイパスの細い道をまっすぐ行くと、飯塚から須川までいくが、山形ラーメン四天王の西、大沼食堂はちょうど夏の花火打ち上げ現場の手前にあります。昔ながらの飾り気のないラーメンの四天王のようです。、お店にはいって、大盛りラーメン2つ、と頼んだら、スープがないので普通もりといわれ、待っていると、1つはみそにしてくださいと言われました。はい、と。でてきたラーメンはみそも醤油もスープよし。すこし煮すぎと思いましたが、そんなことは気にせず、good。

| | TrackBack (0)

出雲

Izumo0

Izumo1

Izumo4

Izumo2
spadespadespadespadespadespadespadespadespadespadespadespade


松江へ出張。学会でとっているホテルをいい加減にえらんだので、とんでもなく狭い部屋で閉口した。もっともこんなちいさな町だと高いホテルでないとまともなところはなかったかもしれない。もう一生いくこともないかもしれないので出雲大社だけにはいってみることにした。平成の大遷宮で工事中。出雲の阿国の墓があり、ちょっと歩くと、日本の渚百景に選ばれている稲佐の浜へでた。なかなか絵になる風景ですが、写真はへた。時間的に無理と古代出雲歴史博物館はパス。

Izumo3


だんだんで有名になった出雲そばにしじみ汁だけを食べて帰ってきた。


| | TrackBack (0)

March 16, 2009

城西金ちゃんラーメン

Kinchan1

Kinchan2

週1のペースではまわりきれないと思っていたら、時々外でたべてこいと妻がいうので、夕方も機会があると、ひとりで行ってみることにした。まず、妻がなぜかいかない我が家からずいぶん近い、城西金ちゃんへ。このへんでは大きな店がまえ、場所も良好でいつも満員ですが、平日の夜の部ですいていました。麺、スープともに良好。もうすこし硬めににてくれるとうまいんだがと思いながら、いただきました。たまごのトッピングははやりですね。

| | TrackBack (0)

ラーメンひさ野

Hisano1

Hisano2

Hisano3


山形ラーメン四天王の南、よしのやが休みだったので、ランクでは上の方にくる南ケーズ電気と南ジャスコのうら通りにあることは、ずいぶん前から知っているひさ野にはじめてはいりました。現在の最高ランクにくると思われるほんわかの通りへだてたところです。場所がよく満員です。肉中華が有名のようですが、普通の中華をたべてみました。ねぎがたくさんのっている魚だしのラーメンです。次回肉中華をトライします。

| | TrackBack (0)

寒河江いろは支店

Sagae3

Sagae2

Sagae1

仕事で寒河江までいったので、帰りにラーメン屋へよってきた。寒河江は福屋と皿谷食堂しか知らないが、何軒も教えてもらったが、3時すぎだったので、始めの予定のところは昼休みになっていたので、つめたい肉そばがうまいといういろは支店へ行ってみた(本店は河北町)。ある山形ラーメン特集で11店にきたうちの1つでした(なぜここにみどり屋がはいっているのか?わたしは大好きな店だが)。有名人の色紙がはってあった。わたしはみそが食べたい気分だったのでねぎみそ。でも肉そばを食べてみるべきであったかもしれない。次回、、いつのことやら。

| | TrackBack (0)

March 14, 2009

日本の現代史のまっただ中

検察が小沢一郎の秘書を逮捕して、新聞各誌の一面を騒がせている。小沢は金権体質の中心人物であるかのような書き方だ。選挙が目の前、政権交代間違いなしというところでのこの騒ぎ。一般国民もよくものごとをみないといけないようだ。新聞というのが、ろくなものでないことはこれではっきりしてきた。個人ブログのほうがよっぽどためになる。重要な記述をされているところがいくつもあるので、敬意をこめてlinkしておきます。先週のサンデープロジェクトで田中真紀子さんがいったことがまとを得て(射て)いると思います。

植草一秀の『知られざる真実』
きっこのブログ
カナダde日本語
予言が現実になった
代表はやめるべきではない!

国際評論家の小野寺光一さんは、自身のメルマガ「政治経済の真実」において、1月17日付の配信記事で、「西松建設の事件は小沢一郎を失脚させるための国策捜査だ」って指摘しているとのこと。おどろくべき重大な記事ですが、きっこのブログさんは、すべての文章の引用を禁止している(きびしい)のでその事実のみを書いておくことにします。

この事件は、日本の民主主義がためされている歴史的大事件のようです。新聞と自民党をうたがいのまなざしでみながら、これからの日本の政治の動きに注目していかないといけない。

| | TrackBack (0)

March 09, 2009

いさご食堂ー山形四天王ー北(泉町)

Isago1

Isago2

北も聞いたことない店でしたが、古くからある食堂のようです。このいさご食堂は総合スポーツセンターの手前で、いつもいくみちのく山長の先橋を渡ってすぐのところでした。メニューが豊富で、中心部の北海ラーメンやみどり屋を思わせるような店です。中華そばと手打中華があり、手打ちの方を頼みました。さすがに二軒目なので普通もりです。ここもさっぱり系のかざりけのない中華そばでした。味は微妙に異ります、2杯目でも軽々と入ります。本日二軒ともあたり。ちいさな町なのに知らない店は、まだまだたくさんあるよう。

| | TrackBack (0)

March 08, 2009

八幡屋ー山形四天王ー東(平清水)

山形のラーメンを調べていたら、山形四天王ということばを発見。なんのことか調べると、4つのラーメン屋がでてくる。そのうち1つは知っていたが、他の3つは聞いたこともない。で、まず平清水の八幡屋からいってみた。

席は2つしかなく、店のひとが、出前でいなくなっちゃう、駐車場がない、などの情報がありましたが、平清水を登っていくとすぐにわかりました。平清水のひいらぎのとなりです。

Hachi2

Hachi3

Hachi4

Hachi5

Hachi6

sunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsun

本当に店の主人は出前にいきました。じいちゃんがでてきて、インターネットでみたお客がくるんですよね、と話し始めました。50年以上ここでやっているとのこと。かざってあるのも昭和時代のレトロもの。ラーメンはというと、あっさりスープで昔ながらの支那そば。うまいスープにうまい麺、チャーシューは牛でした。これは、山形の中華というか、日本の中華じゃないかと思いました。こういうものは、いちにをあらそうようなものではないということです。未来にうけついでゆくべき、日本のラーメンの味とでもいいましょうか。

Hachi1


もういっぱいくらいいけるというので、北にはしごすることにしました。

| | TrackBack (0)

March 01, 2009

柏尾馬之助

さとけん新徴組番外編です。名前がでたことある柏尾馬之助のまとめをWikipediaにみつけました。

| | TrackBack (0)

キッチンラーメン濱

Hama1

Hama3

Hama2

山形から天童にゆく途中にあるバイパス沿いのキッチンラーメン濱。山形に住んで18年以上たつのに1度もはいったことなかった素通りする店でしたが、ラーメンランキングの上の方にでてくるので、前々から気になっていました。昭和48年の創業とあります。店のひとにいちばんのおすすめはと聞いて頼んだのが、この大呂麺(タールーメン)。トロミについた野菜たっぷりの麺。妻は野菜ラーメン好きなので感激していました。最近のラーメンの麺とは異る独特な太麺でした。


| | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »