« April 2009 | Main | June 2009 »

May 2009

May 19, 2009

山形の戦国1

戦国では、いつも1つの山場となる本能寺の変が終わりました。武田滅亡から1ヶ月。この1ヶ月が上杉にとってもっとも危ない時であったことがわかります。まさに四面楚歌。魚津城陥落の前日が本能寺でした。では、見方をかえて、わたしの主題山形はどうであったか。山形(出羽)は、庄内、最上、山形、置賜の4つにわかれます。山形は最上、置賜はまだ伊達です。庄内は武藤氏ですが、有力武将はいない状態。上杉と最上が勢力争いをしている。十五里ケ原の戦いがそのピークとなりますが、その後秀吉の采配で強制的な配置換えが行われるまで混沌としていて、参考になる文献も少ないようです。しかしその辺がわからないと、長谷堂の戦いの時の配置にいたる道すじがわからず、山形の歴史を学習するものにとっては困ることになるので、伊達、最上、上杉の動きを中心に、今大河をやっているとき、考察を進めていくことにします。

| | TrackBack (0)

May 17, 2009

山辺に美味いものあり3

Sakaeya0953

Sakaeya0952

Sakaeya0951


雨にもかかわらず日曜の山辺駅前の栄屋支店は行列を作る店になっていました。外で待つことおよそ30分、ラーメンをいただくまで約1時間。4回目のもやしラーメンです。とろみのきいたものすごく熱いもやしラーメンをここにくるほとんどの人が食べています。妻はもう10回目くらいか。奥の広い畳のへやは、JR左沢線沿いで、時々電車が通ります。わたしが食べ終わると普通のスープが残りますが、妻のをみているととろみのスープが残っています。はてどういうことでしょうか。ちなみにふつうの中華は北山形の方がよく、七日町の本店は、長いことごぶさた。---このラーメンは完全にベスト10入りです。

| | TrackBack (0)

May 12, 2009

日本の現代史のまっただ中8

小沢氏が動いた。やめた。今まで引用の各ブログのコメントはよい。全部通読しました。新聞記事最低。

元気はつらつ辞任会見

国民は馬鹿でないので、選挙で正しい判断をするでしょう。
週刊朝日編集長の記事を読むとすっきりする。小沢氏は真白。こんなことした検察、自民党を国民が許すとは思えないが、、、

次の首相はだれがふさわしいか、本来小沢氏だったのですが、この日本の現代史上の重大な局面で、やめてから小沢人気があがってくるのではないかと期待するものである。

Ozawa1


「小沢おろし」は平成版帝人事件だ──「言論テロ」のツケは、結局、庶民生活の破壊につながる

わたしのブログにも小沢氏の退陣の言葉をはっておきたい。

thunderthunderthunderthunderthunderthunderthunderthunderthunderthunderthunder
平成21年5月11日

挙党一致をより強固にするために
衆議院議員 小沢一郎
 来る衆議院総選挙での必勝と、政権交代の実現に向け、挙党一致の態勢をより強固にするために、あえてこの身を擲(なげう)ち、民主党代表の職を辞することを決意致しました。

 国民の皆様、支持者の皆様にご心配をおかけして参りましたことをお詫び申し上げるとともに、特に、この3年間、至らぬ私を支えて下さいました同僚議員の方々、党員・サポーターの皆様に、心より御礼を申し上げます。

 もとより、今度の総選挙は、国民自身が政権を選択して、自らこの国と国民生活を救う、又とない機会であります。民主党にとっては、悲願の政権交代を実現する最大のチャンスであります。

 民主党を中心とする新しい政権をつくり、「国民の生活が第一。」の政治を実現して、日本の経済、社会を根本から立て直すこと。そして、政権交代によって、日本に議会制民主主義を定着させること。その2つが、民主党に課せられた歴史的使命であり、私自身の政治家としての最終目標にほかなりません。

 日本のために、また国民にとって、民主党にとって、そして私自身にとっても、何が何でも、ここで勝たなければならないのであります。
 それを達成するためには、党内の結束・団結が絶対不可欠の条件であります。党内が乱れていたのでは、総選挙に勝利することはできません。逆に、挙党一致で臨みさえすれば、必ず勝利することができると確信しております。

 私が代表の職にとどまることにより、挙党一致の態勢を強固にする上で少しでも差し障りがあるとするならば、それは決して私の本意ではありません。政権交代という大目標を達成するために、自ら身を引くことで、民主党の団結を強め、挙党一致をより強固なものにしたいと判断した次第であります。

 正に、身を捨て、必ず勝利する。私の覚悟、私の決断は、その一点にあります。
 連休中、熟慮を重ねて、その結論に達し、決断した以上、党内の混乱を回避するためにも、直ちに連休明けの本日、辞意を表明することに致しました。ただし、国民生活への影響を最小限に抑えるために、平成21年度補正予算案の衆議院での審議が終わるのを待ったうえで、速やかに代表選挙を実施していただきたいと思います。

 重ねて申し上げます。新代表の下で挙党態勢を確立して総選挙に臨むことが、何よりも重要であります。もちろん、私もその挙党態勢の一員として新代表を支え、総選挙必勝のために最前線で戦い続けたいと思います。
 国民の皆様、引き続き民主党をご支持下さいますよう、心よりお願い申し上げます。

thunderthunderthunderthunderthunderthunderthunderthunderthunderthunderthunder

| | TrackBack (0)

May 10, 2009

日本の現代史のまっただ中7

小沢やめろコールが強くなっていますが、今後の小沢代表の態度は注目されます。わたしは、小沢支持。

田中良紹「公明党の憂欝」
自民が勝っても民主が勝っても終わりでないことを言っています。現在でている情報をよくみているひとはみな小沢はやめる必要はないと思っているようですが、一般的意見にはなっていませんので、世論調査にはなかなか反映されません。

雑誌『選択』が示す「小沢続投論」への異常な反感——名指し批判には答えない訳にはいかない
ネット意見はもりあがっていますが、マスコミ論調はちがっています。サザンの桑田さんのふざけた歌は、相当ひどいと感じているひとが多いと思います。ネットをみているひとは無党派層でかつかならずしも小沢支持でなかった人ですが(わたしも同じ)、今回の件は明かに、小沢個人の問題でも民主党の問題でもなく、日本の民主主義の根幹にかかわる問題です。検察のすることはみな正義、国策捜査なんてありえない、といまでも思っているひとは多いでしょう。この状態での選挙はあきらかに好ましくない。ーー日本ってこんな国だったのかと怒っているひとは多いと思います。小沢の会見をみるとわかるが、小沢は必要十分なことを言っている。週刊朝日にやっと小沢を擁護する記事がでたことは、よかったです。この号よく売れていたみたい。

今回の補正予算で、国民の支持はまた民主党に傾くでしょう。この政権はひどい!

| | TrackBack (0)

栄屋分店3ー北山形

Sakae0941

Sakae0942

やはりこのラーメンです。第1回第2回に続き、食べたくなりました。そばやのラーメンこれこそ山形ラーメンです。ここはそばやです。山形のそばマップにちゃんと有名そば店といっしょにのってます。
Mapvol11

山形でうまいもの、1にさくらんぼ、2にそば、3に日本酒です。けっしてラーメンではありません。20年近く山形に住んでいて、このそばマップの店は半分くらいは行っていますが、そばグルメでは回りません。そばやに行ってもラーメンを食べます。たまにここのそばはどんな味だっけと、頼むことありますが、そばは高いので、やはりラーメンです。

Sakai1

Sakai2

門伝のきじまラーメン長谷堂のたけだそばやの麺は酒井製麺所、製麺所のことまで考えていませんでしたが、直売所へ行ってみました。山形のそばもラーメンもここの麺を使っているのが多いとか。ここのこんにゃくそばを坂本龍一が食べていることが話題となり、有名だとか。ためしにラーメンとこんにゃくそば、それとだだっちゃ豆パスタを買ってきました。山形の250店に麺をだしているとのこと。創業80年、山形のそば、ラーメン文化を下支えしています。

| | TrackBack (0)

May 06, 2009

山辺に美味いものあり2

Yamanobe091

Yamanobe0910

Yamanobe092

山辺に美味いものあり。実は2日連続!!栄屋山辺分店のもやしラーメンいただきました。山辺は山形市の西にあるちいさな町。しかし調べると古い歴史のある町です。山が多く、畑谷城も山辺です。山辺夜話、続山辺夜話という有名な歴史物の書物が手元にあります。となりの中山の柏倉家といい、ばかにできないところです。最近刊行の山辺町史という2冊のぶあつい本の畑谷城攻防のところは実に詳述されています。この町最大の歴史上の出来事ですから当然。

その山辺町史上巻427ページの興味深い記述がある。佐藤理兵衛家(山辺の庄家様)初代憲茂は長谷堂の戦いで52才で死亡、この佐藤家に例の西行が山形にきたとき親類のよしみでしばらく滞在したという記録があるそうな。つまり西行はきれいなところがあるから山形にきたのではなく知人がいるのでそこを訪問したことになるわけです。

Yamanobe094

Yamanobesakae11

Yamanobesakae13

さすがに3日連続はいきませんでしたが、4日目、どこか違うところにしようかといったら、次いつになるかわからないから、また、、、、、ということで連休のうち3回もやしラーメンとなりました。今度は少し考えて、わたしは、もやしを普通もりにして、生まれてはじめて、冷やしラーメンをたべてみました(私は、酢が好きなので、冷やし中華をいつもたべるからなのですが)。ご存じのように栄屋本店(七日町、まだわたしのブログでは行っていません)が発祥の地。ここはその分店ですので、本家の味を受け継いでいるものと思います。熱いもやしラーメンに冷たい冷やしラーメン。いい組み合わせでした。ぜひこれを真夏に食べてみたい。冷やしラーメンってさっぱり味です。妻は”特製ラーメン”大盛りを頼んでいました。曰く、"次は北山形にしよう!"

| | TrackBack (0)

畑谷城

Hataya100

Hataya101


畑谷城は、直江兼続が山形にせめてきた時、最初の攻防のあったところで、守る江口五兵衛光清以下500名の最上軍が2日で全滅したところです。白鷹方面から山道を通って進軍したことがわかります。

現地でくばっていたパンフレットには、
<畑谷城攻防戦ー最上武士の面目をかけ、「義」に殉じた武将の戦い-
慶長5年(1600)旧暦9月11日、山形城攻略を目指した上杉勢の本軍は、直江兼続を総大将とじて米沢を出発した。そして、長井衛道を北進、白鷹丘陵を横断・東造して、畑谷城を攻撃した。畑谷城主江□五兵衛光清は、山形城主最上義光から、引き上げて山形城に合流するようにとの指令を受けたが、武将として逃げることを選ばず、その指令を断つた。また、江□を高く評価していた直江からは上杉勢への協力を勧められるが、それも断り、畑谷城南8B山麓部の鵜川をせき止め、水掘として備えを固めていた。上杉勢は本陣を片倉山に置き、正面攻撃は片倉山より下り、上郷前坂土木山・西の原方面に陣を構えた。一隊は前田慶次郎を隊長として馬牽原よリー本木峠を通つて簗沢方面に下り、北方から攻撃する態勢であつた。12曰から攻防戦が始まり、翌13日には水P5が破られたため、水堀の水も引き、二時(4時間)の攻防戦で畑谷城は落城した。直江は「 去十三曰最上領畑谷城乗崩撫切(皆殺し)申付、城主江□五兵衛父子共首五百余討捕候…」と書き送っている。>
とある。

Hataya1

Hataya2

Hataya3

Hataya4sun
sun
sun
sun
sun
sun
sun
sun
sun
山形からは、門伝から国道17号線をずっと西に進みと山道にはいり、県民の森を越えたあたりにあります。山形からみる富神(とかみ)山がはるか下の方にちいさくみえるのでよく位置関係がわかります。こちら県民の森も山桜が満開(大沼のところ)水仙の花が路上に満開で連なっていました。


Hataya10

Hataya11

Hataya12

畑谷城は、研究者による全国的観点から「戦国期ならではの遺構を良好に保つ三十の城址」に選出されている。標高549mの城山の山頂にあります。長谷堂よりはるかに急な坂を10分くらい歩くとつきます。山頂に記念碑がたっています。ここから山形方面の地上がみえるかと思いましたが、全然でした。入り口のところに長松寺という江口光清の墓のある寺があります。

Hataya13

Hataya14

| | TrackBack (0)

May 05, 2009

長谷堂2009春-2

Seigen

Seigen2

長谷堂の小山の反対側の菅沢の丘の奥がわに路上からはよくわからないが、少し大きな清源寺があり、こんなりっぱな門を構えています。これが山形西部地区のパンフレットにのっている門です。このリンクさせてもらっているところに<百目鬼>の由来が書いてありましたので、引用させていただきます。

この長谷堂地域は広い田畑であるが、ある日突然、百目鬼という怪物が現れることがあるそうだ。全身は真っ赤で、足が一本だけしかなく無数の目を持った格好をしている。そしてその百目鬼が田んぼに出現し、それを村人が見かけると決まってその年はひどい日照りが続き田畑の地面は割れ、ひどい旱魃に合うそうだ。村人が百目鬼を見ると、供養をし早めに旱魃の対策を行ったそうだ。

この伝説が百目鬼の由来のようですが、どこかの伝説本に記載されているか調べてみる必要がある。

Takeda1

Takeda2

Takeda3

新しくできた駐車場から歩いて5分のところのかくれラーメン店を発見。というか、地元の食堂ですが、たけだそば屋という400円の中華そばをだす店があります。ここももとはそば屋のようです。商売っ気のないかざりのないラーメンです。四天王、門伝のきじまラーメンに通じるラーメンですね。山形のラーメン好きもこないような店ですが、長谷堂駐車場から数分のところにありますので、一度食べてみる価値はあるかもしれません。

Torashin0941

上記は5月2日、しばらくぶりに家族でいった虎真ラーメンです。こっちのほうが現代のラーメンですが、わたしはどちらも好きです。そして、最近発見の山辺分店のもやしラーメンこの3つを比べると、山形ラーメンの特徴が見えてきます。

長谷堂に山桜満開です。
Yamazakura1

sun
sun
sun
sun
sun

長谷堂から白鷹に向かう道にごま蔵という峠のラーメン屋がありましたが、今回はそこへははいらず、その先に滝の山遺跡のあたりの山桜の写真をとってきました。

Yamazakura2

以前に書いたかもしれませんが、西行が義経の時代に山形にきて
たぐひなき思ひいではの桜かな 薄紅の花のにほひは

と「滝の山と申す山寺」で詠んだそうですが、その時代にこんなところが有名な場所であったのか、なぞです。ここは滝の山廃寺のあとがあり、長谷堂合戦のとき焼き払われたといわれているそうです。いたるところ山桜さいていますが、有名な場所であったとは思えません。

| | TrackBack (0)

May 03, 2009

山辺に美味いものあり

Yamanobesakae1

Yamanobesakae3

Yamanobesakae2

まだ食べる前から好きなラーメンのリストに加えている山辺栄屋支店のもやしラーメン、ゴールデンウイークの第1日目ついにいただきました。山辺駅前には出店がでていますがお祭りか!?人出があり、御覧のように行列を作っています。とろみの中のもやし、あふれているがとろみでこぼれず、ものすごくあついのですが、うまい!!食べていくうちに最後はふつうのスープになります。<山辺に美味いものあり もやしラーメン 暑い時こそこれがいちばん>と書いた色紙がかざってありますが、本当だわ。麺も妻がいうのは北山形の栄屋分店と同じなので非常によく、しばらくここにかようことになりそうですよ。ほかのメニューももちろん食べてみたいです。メニューをみると栄屋ってそばやだったんですね。今頃気付きました。
Yamanobekakae4

| | TrackBack (0)

May 02, 2009

米沢ラーメンをいただく

Yomezawa0910

Yomezawa0911

山形県のラーメンといえば、米沢ラーメンと酒田ラーメン、そして有名になった赤湯(からみそ)ラーメンで、山形ラーメンなどというものは存在しないのかもしれません。山形ラーメンについて、強いて特徴をいえば、そば屋のラーメンということになると思います。米沢にくれば当然米沢ラーメンは食べていきたいもの。山大前やまとやの行列をみて、帰りに食べようと思ったのが間違いで、林泉寺をでると、ラーメン屋は休み時間にはいっていました。で、ちょっと考えたらこのあたりの金ちゃんがもうひとつ聞いたことあると思って、探しましたがどこだかわかりません(あとで調べると、反対方向へいくようでした)。やむを得ずどこでもいいやと帰り道のてきとうな店にはいりました。2年前も同じコースでしたが、確認すると2年前にはいったのが喜久家、今回はきよえ食堂でした。米沢でくばられているパンフレットにちゃんとのってます。
Noe200941米沢ラーメンで有名なところは、ひらま、熊文、山大前やまとやとどこかに書いてありましたが、普通の米沢ラーメンを食べることに意味があるように思います。どちらも麺のよいさっぱり系の飾り気のないラーメンです。連休中にもう一回いきたい気がします。

| | TrackBack (0)

林泉寺

Rinsenji1

米沢の林泉寺は、直江兼続夫妻の墓のあるところです。上杉家の婦人たちの墓もあります。まずは直江兼続夫妻の墓をめざすのは当然。どこにあるかは本日地図をみてはじめて確認。中心部から山形大工学部の方に向かって15分くらいあるくとすぐのところでした。いきつくと山大前やまとやのラーメンの行列がめにはいりました。すぐにならぼうかとも思いましたが、まず目的のものをみてからと、林泉寺の方へ向かいました。

Rinsenji2

Rinsenji3

入場券は400円でした。何だ金をとるのかと思いながら、ひとの流れにのってゆくと、まず本堂にはいり、お寺の由来などの話をしていました。兼続の位牌のほか数々のお宝が展示されていました。有名な兼続の肖像画もここにありました。外のお墓では、いちばんいい位置にいちばんりっぱな兼続夫妻のお墓があります。

Rinsenji4

Rinsenji5

ついで上杉家の墓所があり、景勝夫人の菊姫の墓、景勝の姉仙桃院の墓、上杉鷹山の夫人のお豊の方の墓などがあります。菊姫の墓にはお花は供えてありました。そのほか周辺には重臣たちの墓がならんでいます。ここは一度訪問する価値があるところのようです。

| | TrackBack (0)

May 01, 2009

天地人の米沢-春

Yonezawa091

Yonezawa094

Ypnezawa092

Yonezawa093
sunsunsunsunsunsunsunsunsun


ようやく時間ができ、天地人で盛り上がる米沢へいってきました。この時以来ですから2年ぶりです。町は天地人一色。駅前はきれいになり、松川は連休中の川中島合戦の催し物の準備が進んでいます。その日は上杉まつり第一日目でしたが、天地人博は人でいっぱい。大河ドラマのかざりが中心で、見るべき物はないのですが、以前に買いそびれた上杉景勝の図録を買ってきました。暇な時間、スポーツクラブの機械で歩くのもいいですが、晴れたいい天気の日には外を目的を持って歩く方が価値がある。妻は米沢まで自転車でいけといいますが、まあそれは無理にしても米沢は歴史の町、結構時間はつぶれます。今回はぜひとも林泉寺へ行きたかったので、中心部よりそちらの方向へ歩きだしました。

| | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »