« September 2009 | Main | November 2009 »

October 2009

October 26, 2009

才三郎そばや2(蔵王半郷)

Saizaburo09101

Saizaburo09102

ふりだしにもどったかもしれません。1年以上前に行った才三郎へやっとしばらくぶりの訪問です。才三郎そばやというくらいですからそば屋なのですが、ここではほぼ100%の人が中華そばを食べています。ずっと以前ここのそばを食べた覚えがあり、たしか太く独特なものだと思っていましたが、きょうこの600円のもりそばを頼んで見たところ(ラーメン大盛り二杯頼んでいることもありますが)しつこく聞きただされました。でてきたものをみると量が多いので、食べられるか心配してくれていたのです。全然問題ありません。しかしそばは普通でした。明らかに以前と異なります。つゆがしょっぱくなくいい感じでした。ラーメン大盛りを食べてから食べているので、何とも言えません。ラーメンは、これからみそつけて食べるとうまいだろうなと思います。以前はおまけでおいてあったのですが、今はなし。スープが醤油のように黒いですが、しょっぱくはなく、くせになる味です。以前は二ヶ月に1回は行っていたところですので、なじみの味しばらくぶりです。

Saizaburo09103

Saizaburo09104

| | TrackBack (0)

October 19, 2009

玉虫湖畔荘(山辺町)

Tamamushi09104

長年山形に住んでいて、話には聞いたことはありますが、実際に玉虫湖を見たのははじめてです。紅葉はいまひとつ。先日の大蕨の棚田のちょっと手前で曲がるとすぐのいところにありました。めざすは玉虫湖畔荘のそばの食べ放題(第3日曜日だけ)。限定100名様とあり、だめだったら大蕨に行こうということで1時頃つきました。100名はすでにこえていましたが、そばはまだあるとのことで入れました。普段はその他のメニューもたくさんありますが(ラーメンも)、食べ放題の時は、そばだけ1000円です。こんなにそばを食べたのはしばらくぶりです。2枚目まではうまいうまいと一気にいきましたが、3枚目はたいへんでした。妻は軽く4枚たべていました。あとで腹が苦しいといっていましたが。山形のそばはどこでたべても外れはありませんが、これは食感のよい食べやすいそばです。こんなところにこんなうまいものがあるとはね。山形新聞に広告がのっているそうですが、気付きませんでした。

Tamamushi09102

Tamamushi09103

帰りは、沼をまわって山形に近い方からおりてみました。こちらの方が下りが急でどこにでるのかと思ったら、ここは自宅前の大通りをまっすぐ西に向かう道でした。この通りは49号線になり、ずっといくと畑谷、作谷沢へ、途中でまがると玉虫沼へ行く道でした。やっとわかりました。少し山の上から山形市をみおろしています。自転車で玉虫沼まで行ってみなと言われました。

Tamamushi09101

| | TrackBack (0)

October 16, 2009

上杉氏米沢入部

Naoe09102

Naoe09101

1601年(慶長6年)8月16日 上杉景勝出羽米沢30万石への転封を命じられる。
10月28日 景勝、米沢へ着く。
上杉氏が米沢へ移住するシーンが初めて日本のテレビドラマに登場しました。そのときの米沢の町にお城を、画面で具体的に示すのは、至難のわざだったでしょう。感激のシーンでした。山形新聞では、会津から米沢への道についての記事を書いています。大峠と西吾妻スカイバレーの中間の山道だったようです。残り約1カ月半で、米沢の風景がどれほどでてくるでしょうか?
Tooge09101

| | TrackBack (0)

October 15, 2009

麺屋武蔵 新宿本店(番外編)

Musashi09101

Musashi09102

東京新宿を日帰りする機会があり、さっそく遠征のラーメン屋へはいってみた。というか、新宿ではここ武蔵しか知らない。前回は行列作っていましたが、今回は11時すぎにはいったのでそうでもなく、途中あったほかのラーメン屋はからだったのにここは、ほぼ埋まっています。カメラも古い携帯しかもっていなので、一応写っているだけ。800円の中華を食べました。麺が小麦のにおいする。スープがあっさり醤油なのに味噌みたいで、ゆずがはいっているような印象。角煮がはいっています。これが都会のラーメンかと思って帰ってきました。

| | TrackBack (0)

October 13, 2009

一休庵(下条町)

Ikkyuan09101

Ikkyuan09102

Ikkyuan09104


一休庵は自宅にやはり近く、その前は毎週のように通っていますが、一度としてはいったことはなかった。しかしそのお店をみているうち、いつの頃からかしばしば昼頃店の前に行列をみかけるようになり、いまや山形市のそばマップにものっている有名な山形市の肉そばやさんになっているようです。そして我が家もついに一休庵に入ってみる日がきました。そばは黒く、山形のそばにはずれはありません。先日の一寸亭より、肉そばとして食べやすいと思いました。わたしは硬めのそばが好きだからかもしれません。きょうも肉そばは冷たい方にしています。妻は暖かいのにこだわってますが。下の子どもはざるそばが好きそうです。そば屋ならくるみたいで助かります。4人で中華一つとったので味はよくわかりませんでしたが、中華も食べられます。次回は肉中華の方にしてみましょう。なんか150円のげそ天がうまいみたい。

Ikkyuan09103

この山形市そばマップは No.11 38店になっていますが、いちばんの老舗萬盛庵が9月20日で閉店というニュースがのっています。七日町裏にあり、道路が拡張されるからでしょうか?詳細は不明です。この頃なかなか街中へいかないので気付きませんでした。ここはいちばんの高級そば屋だったのですが。時代はかわるか、、、

さらに蕎麦屋「蝋燭庵」(あかしあん)が11月3日で廃業との記事を発見。一度いってみたいと思っていたのに。

| | TrackBack (1)

October 12, 2009

大蕨の棚田

Oowarabi101

Oowarabi102

Oowarabi103

日本の棚田百選に選ばれた大蕨へは1時間半もあれば、行って帰ってこれます。しかしわざわざ見に行く人はよっぽどの暇人と思われそうですが、一度行ってみたかったので足を運んでみました。一見の価値はありかと思います。パンフレットにある大わらびの辰巳そばは土日の昼だけだそうです。3時過ぎにいったので残念ながら食べられませんでした。かわりにまた直売のリンゴを買ってきました。結構甘い。

Oowarabi104

Oowarabi105

Oowarabi106

| | TrackBack (0)

芋煮会2009

Imoni091

Imoni093

Imoni096

山形名物馬見ヶ崎川辺での芋煮会は、巨大なクレーン車などない、個別に行う小遠足のようなもの。年をとると、そんなのも面倒になるが、職場の方は若者が多いのか、きちんと義理堅く芋煮会もおこなっている。紅葉はまだ序の口。山形の秋は短い。少しずつ寒くなってきました。

Imoni094

Imoni095

Imoni092

| | TrackBack (0)

ケンチャンラーメン山形店(西田)2

Ken10101

Ken10102

ケンチャンは酒田が本拠のようですが、山形ラーメンレポーターではダントツの第1位。我が家からいちばん近いラーメン屋ですが、若者に人気のようです。きょうは、どこへいくかあてがなかったことで、まあ行ってみるかということで2回目の来店となりました。若いカップルが多く満員。麺は、どうも太くそばのようにかたい。スープが少なく麺が多いが、食感はよいが、あとから腹にもたれる。チャーシューも独特。麺をどうみるかで評価がわかれるでしょう。でもこれが現代のこの辺の人気ラーメン、ちゃんと味わってみないといけません。

| | TrackBack (0)

October 10, 2009

やぶ家(七日町)

Yabu0991

Yabu0992

Yabu0993

やぶ家は、そばマップにのっている街中の老舗。しかし20年近く山形に住みながら一度もはいったことがない。またその名前をどこかで聞いたような、、、調べると15年かよった以前の職場への通勤経路のところにやぶ家本店があるようだが、今そこは地図でみると空き地のようで、そんなところにそば屋があったのか?例によって山形ラーメンレポーターの口コミをみて、ラーメンうまそうということで夕方家族連れでいった。ついでにとった盛りそばは非常に食べやすい。"中細で、喉越しのよい田舎そばです”とあり、これは上の部類のそばです。ラーメンはこの記述をみて3連チャンした方の味をみようといったのでしたが、わたしはとくにこだわりませんが、妻は煮すぎといっていました。ゆきちから麺は細いのでのびたようにみえるのでしょうか。スープがあついので、ほとんど煮ないでだしてもらわないと、妻のOKはでないです。個人の好みがあるので、いいラーメンもほんの少しのちがいでOKがでない。ここはそばの案内本にあるように鴨せいろのそばで再訪かな。

| | TrackBack (0)

October 07, 2009

かめや食堂(長井市)

Kame09101

Kame09102

台風近づく。秋だから普通。

土曜日夜勤、日曜も仕事。そしたら休みなし。であるが、その日曜の帰り、長井市のかめや食堂へ案内された。まったく予備知識なし。長井の馬肉ラーメン発祥の店と。その歴史はあとから調べたりっぱなホームページにかかれています。山形ラーメンレポーターでも長井市の第1位でした。黒い馬肉チャーシューにソーセージがのっています。独特の醤油スープです。メニューには中華そば、大(700円)、中(600円)、小しかありません。このラーメン、食後半日くらい口のなかに残ります。好き嫌いは極端にいくかもしれません。ちっとまえに紹介した山形ラーメン本の古いのにしっかり紹介されていました。やはり本にのっているところはこまめにチェックが必要です。

| | TrackBack (0)

October 01, 2009

寿々㐂(喜)支店(城北町)

Suzuki09921

Suzuki09920

Suzuki09922

寿々喜は寿々㐂ですが(七3つ、Windowsでは表示されないようです)、大野目店のほかに古くからある自宅そばの城北町の支店へ、職場を変わってからはじめていきました。ここはそばやでありながら、大衆的な食堂としてメニューがたくさんあります。最近ではなぜか冷たいラーメンの店として取り上げられています。前回紹介の94年版の山形内陸ラーメン図鑑94で和風マーボーラーメンが紹介されていて、これをみて行ったのが最初です。本日数年ぶりにこの麻婆ラーメンをたべてみましたが、豆腐の量がいっぱいの餡かけラーメンです。麺は細く、ゆきちからラーメンのようです。ゆきちからの解説はこちらへ。これでやっとわたしの山形2大麻婆ラーメンを紹介できました。納豆ラーメンは、今パーマ屋になっているうちの前の西田大通りにあった門前つくもの支店にうまいのがあったのですが、店そのものがなくなってしまいました。西バイパスの門前つくものメニューにあったのでいずれ食べてみたものです。納豆と豆腐がすきなのでそういう話になります。そばは山形では標準的だと思いますが、十分食べられます(たくさんはいりませんが)。しばらくほんとにそば屋を回ります。


| | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »