« 新徴屋敷(松ケ岡)ー鶴岡市 | Main | おくりびとー酒田 »

December 04, 2009

アルケッチャーノ

Alchecha09121

Alchecha09122

Alchecha09123

Alchecha09124

Alchecha09125

Alchecha09126

Alchecha09127

sunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsun
山形内陸部に住む身からすると、食は庄内がずっと上なのは、以前から知っている。以前は、毎年夏には庄内でうまいものを食べたいと思い、出かけた(温泉泊まりに金太郎すしくらいですが)。藤沢周平の小説には、庄内の食がしばしば登場。伊藤珍太郎「庄内の味」という名著もある。2000年代も後半になると、時代は変わり庄内の代表的なお店は、アルケッチャーノであるようで、行ってみたいと思っていた。やっと団体でお店をいっぱいにして、はじめ食したイタリア料理。奥田シェフがでてきてよくしゃべって解説してくれました。あまり覚えていないですが。ちょうど「田舎町のリストランテ、頑張る」という奥田シェフの本が発売になったばかりで、みなさんサイン本を買っていたが、シャイなわたしは、帰ってきてから、地元の本屋で買って見ていますが、現在の庄内の食の風景がよく描かれています。やっぱり庄内はいいな。本の中にある赤ねぎとハタハタの湯あげもいただきました。このパンおいしかったね。かきのはいったスパゲッティも(わたしはかきはきらいなのだが)くせもなく食べられました。肉は庄内牛とのこと。いくらのコースだったのかは?1時間でちょっとせわしなかったですが、まずは満足。

Alchecha0912100

|

« 新徴屋敷(松ケ岡)ー鶴岡市 | Main | おくりびとー酒田 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72041/46936453

Listed below are links to weblogs that reference アルケッチャーノ:

« 新徴屋敷(松ケ岡)ー鶴岡市 | Main | おくりびとー酒田 »