« 太麺のラーメンー虎之助(桧町) | Main | りんごジュースー産直和合(朝日町) »

November 25, 2010

山形のそばを楽しむ20ー蕎楽(朝日町)

Asahi10112301

Asahi101123001_2

Asahi1011231

Asahi10112311

Asahi1011232

Asahi1011235

Asahi1011236
Asahi1011237

Asahi1011230


日曜日に大蕨辰巳そばで食べているとき、隣で食べていた見知らぬ方と話をしていて、朝日町のりんご祭りの話を聞いて、山形へもどらず、反対側の朝日町へいった。会場は役場の裏だったのだが、間違えて最上川の赤い橋(新五百川橋)を渡り、asahi自然観の方へ行ってしまい、途中の農家の前に袋入り200円のりんごが売っていたので買ってきた。そしてそのりんご祭りにたどりつき、気が向いて、朝日町ワインの赤の一升瓶を買ってきた(1400円)。ところが自宅の玄関前で、妻はそのワインを落として割ってしまい、結局ワインはパー。ちょうどこの時間BSフジで 『辰巳琢郎のワイン番組』山形のワインを飲み尽くせツアー!(後編)をやっていて、さらにくやしがった。

そこで火曜日が祭日であったので、再び朝日町へゆき、まず200円のりんごを買った農家へ行ってりんごを箱で買った。ちょうど季節で10Kg1500円を2つ買わされた。写真の赤い橋の近くです。その橋を渡ってすぐのところにそば屋ののぼりが立っていた。バイパス沿いの何軒かのそば屋をチェックしていたが、この店(というか家)を知らず。何か面白そうなのではいってみた。それが、文字通り、<そばを楽しむ>店「蕎楽」であった。普通の家、脱サラ(かどうか知りませんが)、趣味が高じて蕎麦屋になったか。ちょうど新そばの季節で、うまい蕎麦をいただいた。にしんもしばらくぶりのそばやのにしんという感じでした。

お店のそばの宣伝文「うちのお蕎麦は蕎麦9:つなぎ1の9割そば。細切りだから、9割のほうが食感が良いんです。また、石臼で碾いた粉にこだわっているから風味を楽しんでいただけます。石臼で碾いた粉は、粗い。だから、歯ごたえがあるんですよ。金属製臼の粉はどうしても粉が焼けるから酸化しやすく風味が落ちてしまいますから。だし汁は枕崎産の鰹節を使って、昆布としいたけで味を落ち着かせています。うちの蕎麦は細うちだから、あっさりしているだし汁が最適なのです。」文字通り「蕎楽」な店でした。

朝日町を流れる最上川ははじめてでしたが、まがりくねっていて紅葉のマッチしています。


|

« 太麺のラーメンー虎之助(桧町) | Main | りんごジュースー産直和合(朝日町) »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72041/50112944

Listed below are links to weblogs that reference 山形のそばを楽しむ20ー蕎楽(朝日町):

« 太麺のラーメンー虎之助(桧町) | Main | りんごジュースー産直和合(朝日町) »