« 昔の定番 中華そばー才三郎そば(蔵王半郷)3 | Main | しばらくぶりに凍りつく »

January 18, 2011

大河ドラマ「江」はじまる

Bijyo

今頃になって、単行本になった「美女いくさ」を読了。これが大河の原作ではないが、ほぼ同じ考えで作られた物語でしょう。別々に考えられたものか、この小説からヒントを得たか、どっちかはわかりません。江の本が書店にならぶようになって何かいいのはないかとみていますが、やはり美女いくさがいちばんみたい。カワウソにタマムシ、喜八郎が大河にはでてこないのは残念。最後の章の江のこどもたちの情景(東福門院和子、初姫、勝姫、珠姫、千姫。いっぱいいます。)は「美女いくさ」にふさわしいシーンでした。これだけ修羅場をくぐりぬけてきても、また新たな美女いくさがはじまるということ。(この最後の章は新聞連載時にはなかった。)この人の人生をたどると、過去の戦国ドラマのクライマックスがすべて通り道にすぎないわけです。この1−2回にも見慣れたシーンがでています。また戦国にもどり、山形戦国も考察しないといけませんが、秀忠がこの「江」にかくれて生ませた唯一の隠し子が保科正之で、武田信玄の娘見世院に育てられ、家光の世になってとりたてられ、山形藩主から会津へ移り、会津藩の祖となります。ということで、山形藩にも関係ありますので、わたしの戦国年表にその歴史も書き加えます。


|

« 昔の定番 中華そばー才三郎そば(蔵王半郷)3 | Main | しばらくぶりに凍りつく »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大河ドラマ「江」はじまる:

« 昔の定番 中華そばー才三郎そば(蔵王半郷)3 | Main | しばらくぶりに凍りつく »