« 夏の定番3ー夕焼けの月山 | Main | 美女いくさ2011夏2ー養源院(京都) »

July 25, 2011

美女いくさ2011夏

戦国ファンタジーといわれている「江」に秀忠が登場し、やっと面白くなってきた。ゲゲゲのとうちゃんが登場。江さん、三度目の結婚です。美女いくさでは、江は最初の夫佐治一成が好きで、2番目の夫秀勝は好く描かれておらず、最初の子供「完子」は、本当は一成の子との設定になっていました。本当は誰が好きだったかなんて記録がなく想像のみ。

江は数ある戦国の見せ場をくぐり抜けて、江戸期の二代将軍の妻になる方ですので、秀忠に嫁いで以後が本番。この時期にはめずらしく?多産で、次々秀忠の子を産んでいきます。秀忠は恐妻家なのでしょうか。他の女性には目もくれない(よくテレビにでてくる設定でした。)。ただひとり手をつけた方の子が保科正之ですが。

秀吉の時代というのは非常に汚ならしく、秀次事件とその家族の処刑などとてもみていられないシーンが多いのですが、これからの平和な国作りに江が影響を及ぼしていくということでしょうか。戦国青春物語にはとても付き合いきれませんが、この過酷な戦国の歴史をくぐり抜けて生き抜いた女性という意味で、ことしとりあげられた価値はあります。茶々が死んだ後が見物かと思います。

|

« 夏の定番3ー夕焼けの月山 | Main | 美女いくさ2011夏2ー養源院(京都) »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 美女いくさ2011夏:

« 夏の定番3ー夕焼けの月山 | Main | 美女いくさ2011夏2ー養源院(京都) »