« 美女いくさ2011夏 | Main | 花笠2011ー夏の定番4 »

August 03, 2011

美女いくさ2011夏2ー養源院(京都)

Hyakujyu1

Kokuritsu

Kokuritsu20112

土日と京都までいったので、帰りに例によって京都国立博物館へ寄った。「百獣の楽園、美術にすむ動物たち」をやっていた。若冲の犬がたくさん描いてあるの(百犬図)が、印象的でした。以前2005年に曾我蕭白展をみて以来ここはやみつき。常設展をやっていた建物が新築中で時間があき、ぶらぶら三十三間堂でもみようかと歩いていたら、ふとこの辺に「江」が作ったお寺があるはずと思い、人けのない方に歩いてゆくと、あった、あった。入り口に血天井の看板がある。養源院というところでした。おそるおそる中へはいってみると、これから説明があるから中へどうぞと言われ、500円はらって中へあがる。撮影は禁止であったが、伏見城攻防戦で鳥居元忠以下1000人余りが城を死守し,最後に自刃した廊下の板の間を供養のために天井としたものと天井をみあげながら説明してもらった。聞いているひとは10人くらい。それで終わりでなく、どこかでみたことのある有名な俵屋宗達の杉戸絵(写真はネットからひろってきたものです)、左甚五郎が作った廊下、そして唯一のこる「江」の肖像画(ただし本物は長浜の江展に貸し出し中でした)に秀次と淀君の肖像画の特別展示がありました。いずれも有名な絵でした。

Go20112

Tawaraya1

Tawaraya2

なんと内容の濃い、江戸時代のお寺という雰囲気たっぷりのところでした。庭は秋の紅葉がすばらしいようです。ネット検索でいくらも紅葉の写真がでてきます。京でいちばん「江」様に触れることのできる場所を短時間で見ることができました。ラッキー。

Yogenin201107311

Yogenin201107312

Yogenin201107314

Yogenin201107313_4

Yogeninsum


京へいったら、特徴的なラーメンを食べたいと思ったが、伏見の酒粕ラーメンは時間がなく、ホテルの近くの二条城周囲の有名店ですませた。京ラーメンの特徴は、わからないまま。歩いていて、にしん蕎麦の老舗が気になった。にしんそばは京が発祥の地でした。

Kyo201107301_2

Kyo201107302

|

« 美女いくさ2011夏 | Main | 花笠2011ー夏の定番4 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72041/52374547

Listed below are links to weblogs that reference 美女いくさ2011夏2ー養源院(京都):

« 美女いくさ2011夏 | Main | 花笠2011ー夏の定番4 »