« July 2011 | Main | September 2011 »

August 2011

August 30, 2011

Asahi自然観ー秋の定番1

Asahi201108281

Asahi201108282

Asahi201108283_2


山は秋の趣。朝日町は赤ワインの一升瓶につられて、定番化してきました。朝日町を車で走ると眼にはいるAsahi自然観の看板。ちょっと山の中にはいりますが、行ってみました。ダチョウは3羽いました。これは観賞用だそうです。自然観定食1500円にたたきがついていました。やきおにぎりのやぎみす800円というのも頼みました。水がおいしいところです。けしきのいいところもなんとかありました。最上川をちょっとはずれると山の中になります。朝日連峰が一望できるところに行きたいですが。

Shizennkan201108281

Shizennkan201108282

Shizennkann201108283

かえり、まだまだ紅葉は先ですが、りんごの木はだんだん、赤くなってきています。いたるところりんごの木です。産直和合にりんごが出始めです。たっぷり買い込んできました。例の目の前でしぼるりんごジュースがはじまってました。酸味の強い「つがる」でした。5種類くらいのりんごが出るそうです。朝日町ワインの赤の一升瓶を買って、帰り道、3時すぎ、鈴亭(2)へはいり、冷たい肉そばをいただきました。ここのそばは黒く硬い好みのそば。かならず季節の漬け物がつくようです。妻は熱い大盛り肉そばでした。昼にさっきの定食たべているのによくはいる。これで夜はなしですが。

Suzutei20110828


| | TrackBack (0)

August 26, 2011

冷やし中華ー夏の定番5

Yabu201108142

Yabu201108133

Yabu201108144

ことしの夏は暑くいくつも冷やしを食べにいけます。やぶ長の冷やし中華は、スープがあっさり型で、わたしの思う冷やし中華のイメージのものでした。ひとつの店のいろいろなメニューをいただく価値はあります。よくばって板そばまで頼みますと食べきれません。

大菊も育ってきました。ここへ行ったのがお盆で、花火はいきそびれてしまった。そのあと急にむしろ寒くなってきて、お盆をすぎるとはやくも長い冬の準備にはいります。昔桐生で暮らした夏は、ずっと暑かったのを覚えていますが、、、


Yabu201108141


| | TrackBack (0)

August 19, 2011

美女いくさ2011夏3ー福田 千鶴「江の生涯」

Gochuko

お盆をすぎると秋風が吹いて、長い冬の準備にはいります。もう書店には江のコーナーはなく(震災関係は無数にありますが)、そろそろ平家物語の本がならびはじめるのかもしれません。江の本は「美女いくさ」だけでしたが、中公新書の福田 千鶴「江の生涯 徳川将軍家御台所の役割」アマゾンの書き込みをみていたら、江が続続生む子供たち(多産!)がかならずしもそうでないという記事があり、この本をアマゾンから購入して読んでみました。

もちろん地震を火事に変えてしまうくらいですから、大河では史実に忠実に描かれるわけではありませんが、先週千姫が生まれ、これから次々姫様が生まれていきます。これがみな江の子で、なんと多産なと思っていたが、正室の体面・大奥の秩序維持のため侍妾という正室の許可するものがいて、これが子を産み、体面上正室の子としたとのこと。特に家光は江の子でないとの説は、忠長を寵愛したといわれる江らしい解釈です。じゃ、家光の母は誰、ということになり、変ではあります。身分が卑しいので、この秩序の列から外れた保科正之の母お静だけが知られているのも変な話です。ブログに強烈な反論を書いている方もいました。事実は誰にもわからん。天皇家へいった和子まで江の子でないと言われるとなんともわからなくなる。

この本を読んでいて、美女いくさでは全編にでてくる「喜八郎」が実在の人物であることがわかりました。年譜は「浅井江」になっています。最後まで浅井の血筋であることをこの三姉妹は考えていたことでしょう。たいへんむずかしい本ですが、数少ない史料を基に書いた江本として価値が高いと思います。

江に次回登場する加賀まりこさん演じる大姥局(おおばのつぼね)は秀忠の乳母ですが、保科正之の母静はこの方の侍女でした。でてきますかね?「大奥」ではかならず登場ですが。


| | TrackBack (0)

August 18, 2011

小沢一郎がんばれ2011夏

(特別無償配信号・転載自由・無限拡散希望


◎「日本一新運動」の原点—69

              日本一新の会・代表 平野 貞夫

○ 巨大メディアの「小沢排除」が国を滅ぼす

 8月9日(火)、菅首相が国会の答弁で、ようやく退陣の段取
りについて発言して、この後に想定外のアクシデントがなければ、
8月中には辞めることになる。
それに合わせるように、民主党の
岡田幹事長は、政権交代マニフェストの基本部分を自民党と公明
党の要求を丸のみして修正・見直すとした。事実上、菅首相を辞
めさせるために民主党の心を売ったといえる。
 巨大メディアの関心が、後継代表選出に移った矢先、野田財務
相が飛び出し、巨大メディアの太鼓たたきが始まった。おそらく
背後には財務省があってのことだろう。何しろ「大増税」と「大
連立」を、早々に打ち上げさせて世論づくりを始めたのだ。この
流れでは、まともな代表選なんか期待できない。民主党は実質的
には崩壊したといえるが、ここに至った原因やこれからの問題を
整理しておきたい。

(小沢一郎に於ける政治理念の進化)

 21世紀に生きる政治家がまず認識すべきことは、20世紀で
謳歌してきた「資本主義」が、変質というよりも崩壊したことで
ある。残念ながら、わが国の多くの政治家や有識者はこの認識に
欠けている。これが混迷する日本が立ち上がることができない原
因である。この基本的歴史認識が国民的に合意できれば、新しい
日本を創ることができる。
 小沢一郎氏は平成元年(1989)、自民党海部政権の幹事長
時代、米ソ冷戦の終結を体験して私にこういった。「誰もが資本
主義が勝った。これで世界が繁栄して平和になると思っているが、
僕はそうは思わない。ソ連の崩壊はパンドラの箱を開けたような
混乱になる。過激な経済戦争で世界中に不公平が生まれ、それが
原因で各地で紛争が多発する。大変なことになる」と。この予言
は的中した。

 これが20数年前の自民党幹事長・小沢一郎の世界観だった。
当時、こんな考えを持つ政治家は他にいなかった。「パンドラの
箱」が開いた世界で日本はいかに生きるべきか。そこで小沢氏を
中心に議論を行い「あらゆる技術の異常な進歩とグローバル化に
よって、これまでの資本主義が変質した。新しい資本主義、新し
い人間社会を考えよう」ということになった。
 こういった歴史観にもとづいて、これまで日米安保条約に依存
し、米ソ冷戦を利用して、わが国が生きてきた「一国平和主義・
一国繁栄主義・一国民主主義」を反省する。そして、「自立・責
任・共生」を国民のコンセンサスとし、国家運営の基本とすべき
であるという、小沢一郎の政治理念が形成されていく。
 この理念にもとづき、平成5年に『日本改造計画』が刊行され、
大ベストセラーとなった。自民党の政策として実現するつもりで
あったが、当時の自民党の大勢から反発をうけ、離党して「新生
党」を結成することになる。平成5年8月に非自民細川連立政権
の政治理念の主役となるが1年足らずで自民党が政権に復帰する。
 小沢一郎の「自立・責任・共生」の理念は「新進党」で議論さ
れ「日本再興のシナリオ」となり、そこには「人間の絆」が追加
される。新進党が解党し「自由党」を結成した小沢一郎は、これ
までの考え方を統合発展させ、人づくり基本法案をはじめとする
「日本一新11基本法案」にまとめて国会に提出した。少数会派
の自由党なるが故に、国会で議論されることなく廃案となった。
 平成15年に民主党と自由党が合併する。自由党は、政権交代
という大義のために人事・政策などすべて民主党の方針を丸のみ
した。民主党には政治理念も基本政策もなく、政府権力に就きた
い亡者、既得権を維持し特定の政策しか考えない労組出身者、自
民党の長老より悪い不良政治家、市民運動の美名に隠れた過激派
などの溜り場であった。
 平成18年の通常国会での偽メール事件で民主党の体質が国民
に知られ、それを立ち直らせたのは小沢一郎が民主党代表に就任
してからであった。小沢代表は、自己の利益しか頭にない民主党
の亡者たちをどうにかまとめ、「国民の生活が第一」という政治
目標のもと、「逆転の夏」と銘打った平成十九年の参議院選挙で
勝利を得たのである。そして、自民党に代わる政権交代を国民に
期待させ、2年前の夏の総選挙でそれが現実となったのだ。

(何故、小沢一郎を排除しようとするのか)

 小沢氏は「国民の生活が第一」という政治目標を達成するため
に、「共に生き共に幸せになる」という「共生社会」を創ろうと
呼びかけている。そこで「自立・責任・共生」という理念を実現
しようとしたが、民主党の党是にできない宿命があった。それは
雑居政党民主党にとって、この理念を持てば、自分の否定になる
政治家が多勢いるからだ。
 問題はそれだけではない。わが国では巨大メディアや官僚など
既得権で生きる人たちが「小沢排除」こそが自分たちが生き延び
る条件だと思っているのだ。世界は1980年代から激しい情報
革命が起こり、巨大メディアがかつてのように社会の木鐸として
機能しなくなった。21世紀となり、慢性的不況で民間の広告収
入が減った巨大メディアは、税金を使う政府広報に依存するよう
になった。小泉政権での「裁判員制度」、菅政権の「納税者背番
号制度」などがその一例だ。
 さらに情報社会化の進展に応じて必要となる改革が、巨大メデ
ィアの収益を減らしていく。自己改革を怠った日本の巨大メディ
アにとって、小沢氏が改革しようとする記者クラブ制の廃止、ク
ロスオーナー・シップ(新聞社とテレビ会社の株の持ち合い)禁
止、電波料金のオークション制の導入などは、健全な情報社会の
ために絶対必要なことである。それを断行されると経営に大きな
支障が出る巨大メディアは、小沢一郎なら実現すると恐れおのの
いている。かつて私は複数の巨大メディアのオーナーから「小沢
から離れて我々の味方になれ」と口説かれたことがあり、その子
細は昨年のメルマガにも書いている。
 小沢一郎にとって「自立・責任・共生」の政治理念を実現する
ためには、巨大メディア改革が欠かせない。本来ならメディアが
先んじて新しい日本社会の建設理念を提起すべきであるが、20
世紀資本主義の影を慕い経営を変えようとしない。この巨大メデ
ィアと政権交代を阻止したい麻生自民党政権が、検察権力の悪質
な部分とコラボレーションして行われたのが、小沢一郎を政
界から排除するための「西松事件と陸山会事件の捏造」
であった。
 二つの事件が手続的にはともかく、実質的には菅・岡田民主党
も絡んだ政治的謀略であったことが、国民の目には明らかになっ
た。残念なことには、巨大メディアがこれまでのことを反省する
ころか、ポスト菅の代表戦についても、「小沢排除」の再現を報
道しはじめた。その一例が朝日新聞(8・11、東京版)の社説
である。
「古い発想の旧リーダーが裏で糸を引き、代理戦争を演じたので
は、世代交代の意味がない。これまで党を引っ張ってきた菅・小
沢両氏に鳩山由紀夫前首相の『トロイカ』は今回、行動を慎むべ
きだ」
 恐ろしい発想だ。この1年余、さんざん菅首相を煽ててきた朝
日新聞の責任は大きい。性懲りもなく小沢一郎の政治理念と政策
を拒否し続ける巨大メディア、中でも朝日新聞社説の姿勢が日本
を滅亡の道へ向かわせていると私は思う。小沢一郎が掲げる政治
理念のどこが古い発想か。自らの改革を怠る陳腐さを棚に挙げて
よくいえたものだ。
 今の日本の政治家で、資本主義の変質と崩壊を認識しているの
は小沢一郎氏しかいないことは縷々述べた。日本人の自立と責任
の精神で共生社会を創るべく、「日本一新11基本法案」を策定
した小沢一郎という政治家を、巨大メディアと民主党はいつまで
「党員資格停止」のままにしておくのか。
 菅首相を筆頭に民主党執行部と、谷垣自民党総裁ら二大政党の
指導者に問う。貴君らはこの国を何処へ向かわせようというのか。
歴史観を持たない政治は衆愚に通じ、国を滅ぼす愚か者とのそし
りが免れないことをもう一度指摘しておく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | TrackBack (0)

August 11, 2011

花笠2011ー夏の定番4

Hanagasa20111

Hanagasa20112

Hanagasa20113

恒例の花笠行進に参加。去年よりうすぐらく(節電と思われる)動いている被写体はとりにくい。デジタルカメラの反応の遅さが気になるようになってきました。5年もたつと更新期にはいりますね。
2007
2008
2009
2010
でも、盛り上がり方はことしがいちばんだったような気がする。観客の声援の声も大きかった。行進のあとの宴会も盛り上がった。

花笠出場は土曜日でしたので、しばらくぶりに土曜の昼があいて、昼は北海ラーメンへ。冷やし中華をいただいた。何年ぶりだろうか。

Hokkai201108061

Hokkai201108062_2


| | TrackBack (0)

August 03, 2011

美女いくさ2011夏2ー養源院(京都)

Hyakujyu1

Kokuritsu

Kokuritsu20112

土日と京都までいったので、帰りに例によって京都国立博物館へ寄った。「百獣の楽園、美術にすむ動物たち」をやっていた。若冲の犬がたくさん描いてあるの(百犬図)が、印象的でした。以前2005年に曾我蕭白展をみて以来ここはやみつき。常設展をやっていた建物が新築中で時間があき、ぶらぶら三十三間堂でもみようかと歩いていたら、ふとこの辺に「江」が作ったお寺があるはずと思い、人けのない方に歩いてゆくと、あった、あった。入り口に血天井の看板がある。養源院というところでした。おそるおそる中へはいってみると、これから説明があるから中へどうぞと言われ、500円はらって中へあがる。撮影は禁止であったが、伏見城攻防戦で鳥居元忠以下1000人余りが城を死守し,最後に自刃した廊下の板の間を供養のために天井としたものと天井をみあげながら説明してもらった。聞いているひとは10人くらい。それで終わりでなく、どこかでみたことのある有名な俵屋宗達の杉戸絵(写真はネットからひろってきたものです)、左甚五郎が作った廊下、そして唯一のこる「江」の肖像画(ただし本物は長浜の江展に貸し出し中でした)に秀次と淀君の肖像画の特別展示がありました。いずれも有名な絵でした。

Go20112

Tawaraya1

Tawaraya2

なんと内容の濃い、江戸時代のお寺という雰囲気たっぷりのところでした。庭は秋の紅葉がすばらしいようです。ネット検索でいくらも紅葉の写真がでてきます。京でいちばん「江」様に触れることのできる場所を短時間で見ることができました。ラッキー。

Yogenin201107311

Yogenin201107312

Yogenin201107314

Yogenin201107313_4

Yogeninsum


京へいったら、特徴的なラーメンを食べたいと思ったが、伏見の酒粕ラーメンは時間がなく、ホテルの近くの二条城周囲の有名店ですませた。京ラーメンの特徴は、わからないまま。歩いていて、にしん蕎麦の老舗が気になった。にしんそばは京が発祥の地でした。

Kyo201107301_2

Kyo201107302

| | TrackBack (0)

« July 2011 | Main | September 2011 »