« August 2011 | Main | October 2011 »

September 2011

September 27, 2011

桐野夏生講演会2011年9月25日ー新庄

Kirino201109251

Kirino201109252_2

桐野夏生さんの「ポリティコン」は2月末に単行本が刊行され、わたしはすぐに購入したが、3.11が発生し、長くその存在を忘れていた。夏になり山形新聞の書評欄にでて思い出して、これって新庄がでてくる小説で、思いっきり実在の地域が登場することがわかったのでまずすみこが、次いでわたしも読みはじめた(わたしはまだ途中、途中で別の興味が発生。)。9月になって、どこからかすみこが桐野夏生の講演会があることを聞きつけてきたので、必死に切符を手に入れて、日曜日に行ってきた。

平成23年9月25日(日)13:30ー
新庄市民プラザサタデーナイトセミナー「大人のための新庄学」公開講座
桐野夏生講演会「新庄から日本社会の現状を考える」ー小説「ポリティコン」の取材を通してー

「ポリティコン」の148ページにでてくる

「3月に入り、やっと雪が溶け始めた頃、素一の劇団「あいばん」の春季講演が、新庄市の市民プラザの大ホールで開催されることになった。村外委員が動員をかけてくれるため、350人も入るホールを借りたのだ。」

という記載から呼んでいただいたというところから始まる、好感のもてる充実した1時間でした。

この演題は自分でつけたものでないが、すばらしいと言いました。それは
「小説というのはたいへん小さな身の回りのはなしから掘り下げて、世界の普遍を見るという仕事だからです。」

サンデー毎日の対談記事でも言っていましたが、3.11以降"この風土の中で"どう生きるかについて
「言葉がない」「小説というのは平時のものだからです。戦時のものではない、、」いろいろ言っていましたが、ネットをよく見ているようでした。

「ポリティコン」の成立過程について述べていました。国家を作るという話だそうです。2005年頃中国の北朝鮮国境地帯へ取材に行ったときのホテルでの経験を述べていました。
「なんかこんなことしていると、大学教授みたい、、、わたしははじめてなんで、なんか慣れない」と黒板に書きながら。(なんかかわいい)

「みなさん、ハニートラップってご存じですか?」(全く初耳でしたが、調べてみるとすごいことばでした。)

日本の中の小さな国家として、新庄(のちょっと先の田んぼの中)を選んだのでした。

最後時間がわからなくなって時間を聞いていました(講演慣れしていない)。最後の質問コーナーが良い質問がいっぱいで、場を非常になごませましたね。<東北へはどういう気持ちでいらしたか? 映画撮影現場にいくことはありますか?作家になられたきっかけは?若いときと今とどうちがうか?文学というのはどういうものか?文学の力で(被災地の)惨状を表現してほしい、登場人物を作る時に考えていることは?最後はオタクの人の質問で??服装についても聞いていました。(聞いていないひとはその答えを聞きたいでしょう!)>この1時間の講演で必要十分な話をしていました。新庄だからこそ聞くことができた桐野夏生さんの講演会でした。

最後にすみこは、持っているのにまた単行本を買ってサイン会の行列にならんで握手してもらって喜んでいました。

帰りは、とりもつラーメンではなく、駅前の歴史ある"一茶庵本店"へはいり、普通のラーメンを食べて(でも麺はちがう, 肉は庄内豚です)帰りました。いきも帰りも鈍行です。わたしもはやく「ポリティコン」を通読しないと。

Issa201109251

Issa201109252


| | TrackBack (0)

September 24, 2011

朝日のココロ2ー秋の定番2

Wago201109234

Wago201109231

Wago201109232

Wago201109233

9月のゴールデンウイークのような週の後半、日曜は予定があり、土曜は仕事なので金曜にりんごとワインの買い出しに行った。昼はしばらくぶりの寒河江のワンタン麺(福屋)。いれものが新しくなった他は以前とかわらず、なんといってもワンタンがいいのね。産直和合のりんご丸ごと一個をその場でつぶすリンゴジュースが定番になりつつあります。100円。去年このリンゴジュースに行列作っているのをみて、ここにはいるようになったのでした。

appleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleapple

Asahi201109231

Asahi201109232

Asahi201109233

朝日町ワインはぶどうが実っていました。ここの赤の一升瓶が自宅の晩酌の基本酒になっているので、定期的に調達にいくことになります。紅葉はまだですが、朝日町ではいたるところでりんごがだんだん赤くなってきています。


9月にはいってからは、やぶ長、木曜日の夕方の龍上海本店(赤湯)に次いで福屋で3軒目でした。(もう回数のcheck はやめましょう)。

Yabucho201109

Akayu201109

Fukuya201109


| | TrackBack (0)

September 17, 2011

カレーラーメン2ー第2公園山長2

Yama2201109121

Yama2201109122

雑誌にのっていたもうひとつのカレーラーメンは第2公園山長です。前回いったときのメニューにはのっていましたが、今回のにはのってません。雑誌には、人気の隠しメニューとあります。これはカレーが強く、麺の味が隠れてしまうようですが、辛くてカレーラーメンらしい。麺はそばの方があうような気もしますが、おもしろい味です。いつものラーメンにあきたら、こういうもの悪くない。でもずいぶんと汗をかきました。


| | TrackBack (0)

September 13, 2011

朝日のココローカフェ蔵

Asahi201108090

Asahi201108071

Asahi201108093

ひとけのない朝日町の中心部に新しいお蔵が2つあり、1つが地元の材料を利用したレストラン"カフェ蔵"もうひとつは観光案内所。ここは8月のはじめにいきましたが、書きそびれていました。ここにもだちょうの定食がありますが、予約が必要とのこと。で、Asahi自然観へいったのでした。混むのは、ワイン祭りにりんご祭りの時でしょう。

Cafekura201108094

Cafekura201108091

Cafekura201108092

Cafekura2011080983

Cafekura201108095

Cafekura201108097


| | TrackBack (0)

りんご麺ーりんご温泉

Asahi201109111

Asahi201109112

朝日町にいっても人気(ひとけ)は少ないが、産直和合朝日町ワイン城は、ひとの出入りが多い。むしろこの2ヶ所に行くために、他どこいいか探しているようなもの。このところ2−3週に一度は訪れています。気に入っているということでしょう。りんごと赤ワインの一升瓶を手に入れ、りんご丸つぶしの生りんごジュースをのんでいきます。

Ringo201109110

Ringo201109111_6

Ringo201109113

"山形県の朝日町は、リンゴの生産が町の6割を占める「リンゴの里」。ここで開発されたリンゴの加工品のひとつに「りんご麺」がある。1食でリンゴ1個分の食物繊維を摂取できる優れもの。" そうめんだそうですが、暖かいラーメンと冷やし中華にしたのがあり、りんご温泉の2階ひめさゆりでいただきました。冷やし中華にくだものはのってますが、りんごはのってません。この麺は冷やしの方があうようです。風呂は塩分が多く、パンフレットにあるようにりんごも湯船に浮かんでましたが、まだ出始めなのか2−3ヶでした。露天もあるようですが、場所が異るので行きませんでした。

かえり、よらなければいいのに鈴亭(3)の肉そばを食べていきます。ここの肉そばは、スープがやや甘め以外はOK。おまけのつけものも毎回違うのがでてくるようです。この黄色いのかぼちゃ?実は産直和合で買ってきた変なカボチャだと思いました。自宅でも作ってみたが、こっちがいい。定番化しそうですが、ほかのメニューもいきたい。

Suzutei201109111

Suzutei201109112


| | TrackBack (0)

September 08, 2011

ラーメンマップ2011ー山形麺類食堂協同組合

Yamagataramen2011

山形麺類食堂協同組合の2011年版ラーメンマップ(山形市56店、中山町2店、山辺町2店)。裏側からはそばマップになっています。これはちょっとはいった最上義光歴史舘の中で発見。

2006年12月この山形麺類食堂協同組合の2006年版マップをみる。この頃は故あって外食休止中。
2008年7月ラーメングルメ再開1990年代以降まわったラーメン屋を再訪する計画であった。

以来3年、およそ主なところはまわりましたが(山形ラーメン1山形ラーメン2山形ラーメン3)、まだまだいきそびれているところもあり、閉店しちゃったところもあり、昔からやっていたのに初めて気付いたところもあり、新規開店のところもありました。

ついでにラーメンだけでは物足りず、そばグルメ(山形のそば1山形のそば2)も再開。

さてこのパンフ。結構おもしろい。各お店のお勧めの一杯が書いてあります。これだけ回っていても、まだまだまわりきれません。山形市上下水道部食堂(山形市水道局、県陸上競技場前)何だこれ!?

ラーメングルメ、もちろんまだまだ続く。


| | TrackBack (0)

カレーラーメンー竹田家(香澄町)

Takeda201109041

Takeda201109043

Takeda201109044

Takeda201109045

竹田家は、昔市内中心部のラーメングルメをしていた時の一軒。日本一の芋煮会の日、そちらには行かず、第2公園山長にカレーラーメンがあると聞いていったのですが、やはり混んでいて、車が入れず、やむを得ずはいったのが、そのすぐそばの竹田家(山長のカレーラーメンを調べているときに発見)。しばらくぶりですが、妻とはいりました(たぶん2回目、ひとりでは、数回かな)。もちろんカレーラーメン。麺はいつもの手打ち、カレーは麺にあうようです。中華仕立てという感じ。生まれて初めてラーメン屋のカレーラーメンを食べるので何とも言えませんが。日清のカップラーメンのは何度も食べてますけど。カレーそばともまた違う。ぜひ他の店のも食べ比べたい。

妻は五目で。普通盛りにしたものだから物足りず、普通のラーメンも頼みました。この味食べたことある。ずいぶん前だが。もちろん基本は醤油味のラーメンですからこの味もみておかないと。

Takeda201109042


| | TrackBack (0)

September 05, 2011

芳(東北泉)2011ー山形の酒

Kojima1996

Kaori2011

しばらくぶりの宴会で、良い酒をのませてもらった。平成5年の芳(東北泉)、古酒ですが、保存がよくむかしの味そのままです。これほんとに日本酒なのかというまろやかでフルーテイな味です。なくなられた小島英明先生、湯田文朗先生と飲んだ頃がなつかしいです(写真)。その集大成が医学のあゆみの論文になっています。山形の日本酒に興味をお持ちの方々にぜひ読んでいただきたい。今となっては、歴史的論文です。この論文です(pdf)。

後藤光明:自然の優しさと恵み. 医学のあゆみ 214:744-746, 2005

現在も「芳」(東北泉)はありますが、若い杜氏さんにかわっています。その名に恥じぬ良い味だしています。


| | TrackBack (0)

September 04, 2011

美女いくさ2011秋4ー保科正之

テレビはほとんど見ないが、BSもわけのわからない番組がいっぱいあり、たまにみる。BSTBSで保科正之をやっていたのでみてみた。"名君"保科正之といわれるが、何が名君なのか全然知らなかった。徳川秀忠の隠し子で武田信玄の娘(見性院)に育てられ、伊那高遠城主となり、家光の代になり、山形藩、次いで会津藩に格上げされてゆく。

1582年の織田信長の武田征伐で、高遠城攻めがあり、このときが小説のはじまりになるのが池波正太郎の「真田太平記」。向井佐平次をお江が助け出すシーンからはじまるのです。印象深い。その信州伊那高遠が再び舞台となる。

そば切りの始まりはまちがいなく信州とのこと。それがどうやって山形までやってきたか。江戸時代の大名の国替えが大きく影響しているとのこと。1636年保科正之の山形転封と1622年の信濃松代から出羽鶴岡への酒井忠勝の転封とともに食も移動してきたようだ。

幕末会津藩が京都守護職になったのは、この保科正之の家訓があればこそ、とはよく知られた事実。時代は「フクシマ」へ。2年後の大河ドラマは新島八重。もし戦国でフクシマをやるとしたら、今の江の続編ともいうべき保科正之であったろう。これまでに

中村彰彦 保科正之 徳川将軍家を支えた会津藩主 中央公論新社  1995
中村彰彦 名君の碑 保科正之の生涯 文芸春秋社 2001

を読みました。名君の碑のなかでは江は、ただの嫉妬深い奥方様にしかすぎません。この名君の碑を読むと、保科正之の生涯は波瀾万丈、大河ドラマにふさわしいような話です。山形時代にも結構重要な事件がおこっています。ブログはまた山形史へもどっていきましょう。

静が保科正之を生むまでの期間は、大阪落城より前の話なので、大奥初期の江の姿が当然描かれていくのではないかと思いますが、どうなるのでしょう。以前同じ時期を扱った葵徳川三代は総出演(よく覚えていませんが)だったようです。


| | TrackBack (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »