« 大菊2011ー志づ美(高畠) | Main | 晩秋の新そば(秋の定番4)ー大わらび辰己そば(山辺町) »

November 12, 2011

北杜夫追悼斉藤由香講演会2011年11月6日(山形市)

Kita201111061_2

Kita201111062

Kita20111103

作家北杜夫氏は、2011年10月24日午前6時2分、腸閉塞(ちょう・へい・そく)のため東京都内の病院で死去した。享年84歳。去年上山城の昆虫展にきたときの講演会へいかなかったのが、たいへん残念でした。11月6日にシベールアリーナに本当はくる予定で、その準備をしているときに、急に亡くなってしまい、由香さんが、妻の喜美子さんを連れてきて、追悼講演が行われました。切符は簡単に手に入りました。今回の来場は350名くらいだったそうです。北杜夫氏の臨終の経過をリアルに話してくれました。はじめてきく由香さんのはなしはしっかりしています。高齢になって世界をたびした茂吉の妻輝子の話で、会場を笑わせていました。最後に喜美子さんがあいさつされました。会場に 

北杜夫 マンボウ家族航海記 実業之日本社 2011 600円

の文庫本が売っていましたが、帰りには売り切れになっていて、自宅近くの書店で購入して、今半分くらいまできました。80年代以降のエッセイからの抜粋ですが、株に狂っていた時代、由香さんの結婚、奥さんのはなし、孫のはなし(今は大学生)などしばらくぶりに引き込まれていきます。北さんの老年期は家族の記録です。80年代から2011年まで長い時間です。サイン会の時にほほえましいご家族の絵が飾ってありました。由香さんの週刊新潮の連載は、最初の2冊まで読んでますが、しばらくごぶさたでした。2年前に大腿骨(頚部)骨折をしてからのリハビリをしていた話は知りませんでした。暇になったら北杜夫再読といこうかとも思います。週刊誌は、朝日から新潮にしばらく乗り換えます。"窓際OLのすってんころりん日記"を読むためです。

帰りには。龍上海山形大医学部前店に入りました。小ぎれいになってました。ちょっと前に食べた本店とは、麺が異なります。少しずつ独自に進化してゆくのでしょうか。龍上海は本店が常に超混でいますので、よく調べてからいくとよいです。からみそにするか、醤油にからみそトッピングにするか、個人の好みでしょう。

Yama201111061

Yama201111062

Yama201111063

Koyo201111061

Koyo201111062

紅葉にいけなかったものですから、自宅の庭の一風景です。日本国家に金はなく、増税が目の前にある。TPPなんてなんのことかわかりませんが、はじめから決まっているかのように、推進。日本はますます貧乏な国になってゆく。ほんとに日本を一新しないと次世代は暗澹たる世になってしまう。週刊新潮11月17日号36pページ「めざましテレビ」の大塚範一アナが急性白血病になった記事に、柏に在住で震災直後にFukushimaへ行ったこと、さらに福島の食品を率先して食べるキャンペーンをしていたことなどいっさい書いてありません。さすが週刊新潮だわ、、、

|

« 大菊2011ー志づ美(高畠) | Main | 晩秋の新そば(秋の定番4)ー大わらび辰己そば(山辺町) »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72041/53188958

Listed below are links to weblogs that reference 北杜夫追悼斉藤由香講演会2011年11月6日(山形市):

« 大菊2011ー志づ美(高畠) | Main | 晩秋の新そば(秋の定番4)ー大わらび辰己そば(山辺町) »