« 保科正之の時代(福島県立博物館)2011 | Main | 雪にうずもれた山形の冬2012-2 »

January 30, 2012

雪にうずもれた山形の冬2012

Jitaku2012011

Jitaku2012012

Jitaku2012013

Udonichi201211

Udonihi2012012

自宅の庭が完全に雪に占拠され、屋根からはつららがたれさがり、ここ何年もなかったりっぱな冬になった。夜は凍るので、歩いて帰ると結構すべってあぶない。まだしばらく同じ状況は続くらしい。

冬だから鍋焼きうどんを食べたいと、以前によくいったうどん市へいった。新しいうどんのチェーン店が数軒できてから、いつもいっていたうどん市は閉店で、この山形大前の店が残っている。なんといってもからいのがすきなので、ねぎ味噌うどんを頼みましたが、むかしより少々盛りが減ったような。なんとなく満足しない感じで食べ終わった。まあダイエットには量が少ないほうがいいか。

この季節去年もかざってあった啓翁桜だんご木のでっかいのが、職場にかざられた。どちらもこの季節の山形風物詩です。最初は何だかわからなかったのですが、何でも興味をもってみることがたいせつです。

Keiozakura2012


|

« 保科正之の時代(福島県立博物館)2011 | Main | 雪にうずもれた山形の冬2012-2 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72041/53856331

Listed below are links to weblogs that reference 雪にうずもれた山形の冬2012:

« 保科正之の時代(福島県立博物館)2011 | Main | 雪にうずもれた山形の冬2012-2 »