« 雪にうずもれた山形の冬2012-4 | Main | 雪にうずもれた山形の冬2012-5 »

February 18, 2012

四季の定番summary

山形の四季を暮らす中で、ラーメン、そばはかかせない。季節のものがあるのはそばですが、ラーメンにも少しはあります。この1年は「四季の定番」をテーマにしてきましたので、1年間を要約しようと思います。

春の定番めぐり やぶ長、伊勢そば、大蕨辰己そば
春の定番めぐり2 やぶ長、栄屋山辺支店、門前つくも
春の定番めぐり3 みちのく山長、久司、辰己そば
春の定番めぐり4 北山形栄屋
出羽屋で月山筍を食べて月山山菜そばをいただくのがいちばん春の季節感ありかな。

夏の定番  といや、 麺藤田のつけ麺
夏の定番2 栄屋本店の冷やしラーメン 
夏の定番3 やぶ長、才三郎、 山辺栄屋
夏の定番4 北海ラーメンの冷やし中華
夏の定番5 やぶ長の冷やし中華
夏は冷やしラーメン、冷やし中華、冷たい肉そばですが、逆に熱いもやしラーメンをたべたくもなります。

秋の定番1 鈴亭
秋の定番2 やぶ長、福屋、龍上海本店
秋の定番3 月山山菜そば、 北海ラーメン
秋の定番4 大蕨辰己そば 新そばの季節です。
この秋、朝日町の太郎亭がたいへんお気に入りになったのは記憶にあたらしいところです。

冬の定番1 北海ラーメンの麻婆ラーメン いちばん分店の納豆そば といや
冬の定番2 栄屋山辺支店のもやしラーメン
冬の定番3 大沼食堂、やぶ長、天童水車生そば
冬の定番4 里味食堂の酒粕ラーメン
冬はいっぱいあります。鍋焼きうどんもいれないといけませんが、まだ食べ歩いていないのでどこがいいのかわかりません。

Chouemonaki

Chouemonfuyu

長右ェ門は、職場への通勤路にある老舗のおそば屋さんですが、まだ2回しか入ったことがない。しかし店の入り口に四季のメニューを筆書きで書いているので、蕎麦屋の四季がわかる。春夏秋冬全部の写真をとったのだが、パソコンが1度だめになったときに無くしてしまったので、今回は秋と冬の写真しかでません。は大きく「桜」と書いてあるだけでした。2011年はその書はだしませんでした。春に季節感のあるものはないのかもしれません。色もののさくらぎりもありますが、たべたことありません。やはり春の月山山菜そばかな。は、冷たいそばが書いてありましたが、内容は忘れました。はきのこの季節です。「秋味天ざる 舞いたけそば きのこそば」と書いてありました。やはり月山山菜そばがいいね。11月の新そばをいただくのはもちろんです。は、「鴨南ばん 鍋焼きうどん 福そば かきたまそば」とあります。
福そばは去年いただきました。同じこと書いてありました。

Yama20120205

Yama201202054

四季を通じていつでも食べている定番は徐々にしぼられてきています。北山形の栄屋分店と西校前のやぶ長がまず1番にあげられます。それぞれのお店にも四季があり、夏の冷やしラーメン、冷やし中華、冬はやぶ長に今週食べた鍋焼きうどんなど、それぞれのお店の工夫があります。そして栄屋山辺支店のもやしラーメン北海ラーメン、肉そばでは河北町といや、そばでは大蕨辰己そば伊勢そばは、はずせません。さらに久司、才三郎、門前つくも本店に去年発見の朝日町太郎亭と、これだけ回るだけでもたいへんです。

Yabucho201202121_2

Yabucho201202122

Yabucho201202123

今週TUYでうど鈴木が案内する山形ラーメンの番組「ウドちゃんの山形ラーメンめぐり~街はずれの人気店~」がありました。さてどこがでるのかと思ったら、
田代食堂(鶴岡市)
真室川ラーメン大吉
中華料理かめや(尾花沢市)
まる久支那そばや(長井市) 馬肉ラーメン
かまた食堂(米沢市)
と、山形市をスルーして、周辺部のみ。しかも1つも知らないところとは、やってくれます。山形ラーメンの奥の深さを物語っています。どこもみなちょっと遠い所なので、職場の方に聞いてもなかなか反応は得られませんでした。どれもいずれ機会があれば、食べてみたいものと思います。


|

« 雪にうずもれた山形の冬2012-4 | Main | 雪にうずもれた山形の冬2012-5 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72041/53824258

Listed below are links to weblogs that reference 四季の定番summary:

« 雪にうずもれた山形の冬2012-4 | Main | 雪にうずもれた山形の冬2012-5 »