« 朝日の冬2013ー最上川の白鳥 | Main | 遠山椿吉2013 »

February 27, 2013

水郷寺津沼公園ー源氏山吉太夫

Teratsu201302171

Teratsu201302172

Teratsu201302173

Teratsu201302174

Teratsu201302175

Teratsu201302176

Teratsu201302177

寺津という地名は全く記憶にありませんでしたが、山形新聞で、天童の沼に白鳥がきているという記事があり、検索して調べました。嶋地区から天童、谷地へぬける裏道をちょっとはいったところの公園でした。寺津は江戸時代に最上川舟運で大石田につぐにぎわいをみせた町だったそうです。今はひっそりとしていて、ちょっと素通りしてしまう公園ですが、目の前で白鳥にカルガモをみることができる場所でした。寿美子は「癒される」と言っていました。

山形出身の力士では、荘内出身の昭和の横綱柏戸が思い浮かぶが、江戸時代の天童出身の大関源氏山吉太夫のりっぱな銅像がありました。

源氏山 吉太夫(1786~1844)
【げんじやま】 大関。山形県天童市出身。1807(文化4)年に、富士ノ越の四股名で初土俵、1899(明治32)年に入幕。1814(文化11)年、29歳で入幕。1818(文化15)年、33歳で小結昇進。翌年に関脇昇進を果たし、弘前藩津軽侯のお抱えとなり、源氏山と改名。大関昇進となったのは、1825(文政8)年、40歳のときだった。
 当時は横綱制度が無く、大関は実質最高位。優勝5回の記録を残し、1828(文政11)年、43歳で引退。幕内成績は105勝41負6分14無勝負。二代目秀ノ山を襲名して後継育成に努めた。1844(天保15年)年、59歳で逝去。〔碑文年表を参考〕

 (所在地)山形県天童市 寺津沼
 (原作者)奈部雅昭
 (製作年)平成13年10月
 (像形態)立位像・片腕挙ポーズ形

Futami201302171

Futami201302172

Futami201302173

この寺津沼公園の入り口にラーメン屋があったので入ってみました。素朴な昔ながらのラーメンでした。天童のラーメンマップにちゃんとのっていました。二見屋さんでした。チャーシューに特徴があります。


|

« 朝日の冬2013ー最上川の白鳥 | Main | 遠山椿吉2013 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72041/56818927

Listed below are links to weblogs that reference 水郷寺津沼公園ー源氏山吉太夫:

« 朝日の冬2013ー最上川の白鳥 | Main | 遠山椿吉2013 »