« 水野三郎右衛門元宣2ー豊烈神社 | Main | 朝日の冬2013ー最上川の白鳥 »

February 06, 2013

最上義光2013ー振子の城

Yamagata201301031

Yamagata201301032

Yamagata201301033

Yamagata201301034

Yamagata201301035

Yamagata201301036

Yamagata201301037

今年の冬も去年に続き雪が多い。しかし昼の気温が高い時が多く、溶けてしまって、結局今2月になっても普通凍りついているところ、そうでもなく、霞城公園の冬景色をとろうと思っていたが、なかなかいい日がない。結局1月3日の新雪のときがいちばん雪景色らしい。これで四季がそろった

ことしは、山形の歴史上の人物をとりあげていきたいが、その最も重要人物は最上義光(1546-1614)です。ことしは没後400年にあたり、催し物もあるとか。まずはブログに霞城公園にある最上義光の記念碑をとってきました。

後藤嘉一氏が本をだしたときには、あれから350年だったんですね。その昭和の時代からさらに50年もたっている。(後藤嘉一 やまがた史上の人物 最上義光

数年前の大河ドラマで長谷堂合戦をやりましたが、本来その戦いに勝ち、徳川方の有力大名であったのですが、義光死後、内紛が絶えず江戸初期に早々に改易になってしまいます。そう、最初は、最上はどうしてなくなちゃったのだろうと思いました。

今はタブレット型携帯用パソコンというか、インターネット携帯端末がはやりですが、iPadは自宅で家族にとられているので、自分用にキンドルsuperwhiteを読書端末として、去年の末に購入。まず芥川龍之介の短編を読んでいたが、いつの間にか藤沢周平のキンドル版をどんどん買い込み、個人的に第2次藤沢周平ブームがきたような。その藤沢周平の短編の中に「振子の城」というのがあって、最上義光の死から、改易までの過程を簡潔に述べています。ついでに藤沢周平が山形市に下宿していたときのことも書いてあって興味深かった。

山形藩の系譜

|

« 水野三郎右衛門元宣2ー豊烈神社 | Main | 朝日の冬2013ー最上川の白鳥 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72041/56700812

Listed below are links to weblogs that reference 最上義光2013ー振子の城:

« 水野三郎右衛門元宣2ー豊烈神社 | Main | 朝日の冬2013ー最上川の白鳥 »