« November 2013 | Main | January 2014 »

December 2013

December 28, 2013

しっぽこー羽前屋本店

Uzen1

Uzen2

Uzen3

Uzen4

山形のそばの老舗の1つ"羽前屋"にはいったのは実に10年ぶりくらいだと思う(これは11月第2週の土曜日です。)。すっぽこを書いたので、しっぽこを書かねばならなくなったのだが、ブログなるものをはじめる前にはよく行った、というか、山形にきて、はじめて板そばを食べたのも、ここだと思う。要はそばが少々高いので、だんだん敷居が高くなっていたのかもしれません。ここのラーメンも1度食べたことあります。以前テレビの山形ラーメンの番組で出たのもみてました。でもこのメニューにあるしっぽこには気付きませんでした。しっぽくー>しっぽこー>すっぽことなまっていったようです。このうどん冬の大人の味です。いい。寿屋さんより、ちょっと高級感あります。

しっぽこ、すっぽこのうどんの山形伝来には、江戸時代からのうずもれた歴史があるはずです。


| | TrackBack (0)

December 27, 2013

2013年12月summary

2013121

2013122

2013123

朝は光。

以前は朝焼けなんて、気にも止めなかったが、今は毎朝楽しみにしている。年をとったか朝はどんどん早くなり、今は5時おき、6時半には出勤。この季節、朝焼けが出勤後にずれこむ。

もう2013年も終わり。なんとか1年生き延びた。人はあたりまえだが、40代、50代、60代、70代でなくなる人がいる。最近そのペースは早くなっているように思う。そういう統計はでてこないだろうが。関係ないことにはなっているが、3.11は相当関係あるだろう。かと思えば、90過ぎてもぼけもせずぴんぴんの人もいる。その違いは大きい。何が違うのか、医学はその答えをまだだしてはいない。

2013124

2013125

夕焼けも3時過ぎるとでていて、5時には真っ暗な季節。夕焼けは淡くなるが全然こないわけではない。冬場、月山はなかなか顔をださないが、やっといい感じのところを1枚とれた。


2013126

2013127

冬の足音。それは白鳥。近年、内陸にもやってきて、こんな近くでみることができる。嶋地区の12月。ちょっと前には見ることができなかった風景です。

2013128

2013129

そして今年も、白黒の世界の始まり。大菊ももう食べて冬の準備にはいっています。この四季のsummaryシリーズは、3月からはじめたのですが、1−2月もやっていれば、これで締めくくりだったのですが、冬の間も続けましょう。

| | TrackBack (0)

December 26, 2013

すっぽこうどんー寿屋本店2(相生町)

Kotobuki20131

Kotobuki20132

Kotobuki20133

Kotobuki20134

Kotobuki20135

Kotobuki20136

Kotobuki20137

五段忠弥そばー寿屋本店(相生町)20101225

山形のうどんはこんなところにありました。このそば屋は1991年から知っているのに、「すっぽこうどん」の名を知ったのが、羽前屋の「しっぽく」を調べているときで2013年です。地元のひとでもほとんど知られていない山形の名物なのでしょう。やまがたに足を踏み入れてから30年ではじめて知った山形のうどん!

すっぽこしっぽくがなまったもの。「具沢山のあんかけうどん」のこと。長崎が発祥のもてなし料理「卓袱(しっぽく)料理」からと考えられる。山形で今にメニューに残っているのは、羽前屋、寿屋本店、品川家、栄屋本店と素仁庵さんだけだとか。品川家、栄屋本店と街中でしばしば行ったはずのところでも、その存在に気付いていない。次、品川家で食べてみよう。

すっぽこを知る感動は大きく、いろいろネット上でも取り上げられています。
城下町山形探検地図。


| | TrackBack (0)

December 06, 2013

2013年11月summary

あれから1000日が過ぎた。自民党政権にもどり、以前とかわらない政策で国をみちびいている。本来3.11以降は、過去の過ちをあらため、将来に日本国を作っていかなければならないのに何も変わっていない。小沢一郎氏はどこへ行ってしまったのだろう。津波被災地の復興は遅れ、原発の爆発はないものとしようとしているようである。しかし確実に放射能汚染はあり、いずれ国民をだましきれなくなるでしょう。安倍政権は国を再び戦争を導く政策をとっているかのようにみえる。

去年の11月には、できるだけ目の前の風景をとろうとした。ことしもあんまり変わりばえがしないが。朝焼けは淡く、よく反対側にくる。雲が雲海を作る。

20131101

20131102

夕焼けは、日暮れが早くなり、ほとんどこない。写真は11月1日。この日は東側も赤くなった。あとはあまりあかくなっていない。

20131103

20131104

大菊は一ヶ月咲いていた(まだ咲いていて、そろそろ終わりです。)。朝日町へは相変わらずよくいく。りんごがいっぱいだ。冬はいけないので残念だが、なんとか少しは行ってみたい。ことしこそ紅葉をしっかりとろうと思った。専称寺もきれいであった。もみじ公園があたりの日に行った。別の項に書く。

20131105

20131106

20131107

藤沢周平は、紅葉の終わった雪に埋もれる前の庄内が好きだったとか。紅葉が終わると、うすら寒く、写真どころでないが、去年もみた雲の合間から照明のような効果がしばしばみれる。

20131108

| | TrackBack (0)

« November 2013 | Main | January 2014 »