27 posts categorized "山形ラーメン4"

March 19, 2016

山形県民はげそ天ラーメンが大好き3

山形県民はげそ天ラーメンが大好き20080626

山形県民はげそ天ラーメンが大好き220080707

この"みのもんた"の番組でみた"山形県民はげそ天ラーメンが大好き"ということばから、第2期山形ラーメングルメははじまった。あれからまだ10年はたたないが、8年。実はラーメングルメはその10年以上前からやっていたが、しばらく休止していた。仕事に夢中だったからか。

実は、"山形県民はげそ天ラーメンが大好き"なのではなく、「山形県民はラーメンが大好きなのであって、げそ天ラーメンは、その特徴を示すラーメンの1つにすぎない」のです。そば屋がラーメンをだしていたから、その具であるゲソ天も必然的に、ラーメンにのるようになったということなのでしょう。そばの和風スープそのものの材料で、そばのかわりにラーメンをいれるのと同じ。


Geso1
Geso2

しばらくブログにラーメンの記述をしなくなったが、世の中はFacebookやTwitterに移行し、たまにそちらを利用している。このたびしばらくぶりに、有頂天のげそ天ラーメンにいったのでこちらに書いてみる気になった。有頂天は、人気店の一つらしく、大の目温泉の大広間で日曜は営業だそうです。それは店舗ではまかないきれない客がくるからのようです。ここも人気店なのです。


| | TrackBack (0)

June 12, 2015

山形のラーメン2015自家版

ラーメンは"天地人"。天の時。日曜が休みだと、たとえうまくても伺えない。日曜が定休日の店も少なからずある。地の利。もちろん生活環境からはるか離れたうまい店にも行けない。人の和。自分がいきたくても、相棒がだめだと、想定外のところにいくこともある。したがって、ラーメンは個人個人で好きな店はいろいろ変わる。10本の指をはるかにこえる好きなラーメンがありますが、今回は2015年版の特選5店です。


2010年以来、朝日町の最上川を撮影対象に選んだために、足繁く朝日町にいき、そこで太郎亭(宮宿)を発見、やみつきになった。妻は肉そばがたいへん気に入っていて、わたしは、担々麺です。普通にのラーメンですから、人に教えても、それほど感動してくれませんが、今や食べなれたbestのラーメン。麺ははせ川製麺。おまけのおかずが季節の物で毎回変わり、楽しみになっています。

Taro2

山形市内では山形西校前のやぶ長がいい。そば屋で、板そばも絶品ですが、中華そばがいい。最近は普通盛りばかりですが、前は大盛りばかり。中盛りもあるとか。ここの麺は独特で他では味わえないものです。写真があまりいいのがなかったが、今年の撮影です。

Yabucho

清住町の里味食堂は、職場のすぐ近くでもあり、その発見(最初に行ったときの記述はこちら)は印象深い。この透き通るようなラーメンのスープは他で味わえないものです。魚醤ラーメン、冬の酒糟ラーメンは独特のものです。普通の定食のうまさも定評のあるところ。

Satomi

山形市にも新しい店が続々できており、とても対応できませんが、以前食べた激辛担々麺が忘れられず麺辰(中桜田)にいって、ふつうのぴり辛で、麺を太麺にしてもらったら、これがやみつきになって、今年4回連続でいくことになった。新店のなかでは、最上位にあげておきたい。

Mentatsu

10店を選ぶとなると、やりやすいが 5店となるとむずかしい。ずらずらずらと10まででるが、どれが5番目かというと、ムーー。2000年以前からの定番で、代がかわってもいまなお変わらぬ味をだしている才三郎(蔵王半郷)をあげておきましょう。

Saizaburo

2015年、最近行っているところはさらに自宅周辺の金ちゃん(みそラーメン)、修ちゃん(酸辣湯麺)、栄屋の北山形(中華そば)と山辺(もやしラーメン)、さらにあまりいかない栄屋本店(薬膳ラーメン)があげられる。ほかにもうまいと思うところはたくさんあり、とてもまわりきれない。5つくらいを繰り返しまわるのが普通で、30店をまわろうとすると、おなじところにもどるまで1年かかる。

KitayamagataMoyashiKinchanShuchan14929694248_fcbccd95db_h


| | TrackBack (0)

April 27, 2015

山形ラーメン2015-京都番外編

1

2015年春、京都に泊まるのはしばらくぶりである。このとき以来かもしれない。この時は、二条城の前の京都国際ホテルに泊まり、たしか朝食付きで1万円くらいで、ずいぶん安いなと思ったが、今回は桜の季節で、値段があがっていて、駅前のホテルで、朝食なしで1万4000円でしたが、たいへん便利なところでした。前回ブログの記事で二条城のそばの天下一品ラーメンにいったのですが、今回はまじめに下調べをしていましたら、この駅前のホテルの裏にニ軒ならんで有名店があるのをみつけたので、いってみることにしました。

2_2

3_2

4_2

夜7時すぎ、京都駅について、歩いて 東寺のライトアップをみることができました。例によって昼から何も食べていませんが、あまりの夜桜の美しさにみとれて遅くなり、帰りの京都駅ビルの中のパン屋はみなしまっており、1つだけあいていたところの売れ残りのパンを買い、22時前にお店の前につきました。暗いですが、行列をつくっていました。行列のないほうの「新福菜館本店」へはいってみました。太麺の黒いスープのラーメンでした。麺をとってこなかったのは残念です。九条ねぎがたくさんのっています。やきめしが有名とかでしたが、周囲に食べている人をみるにすませました。接客良好です。からみそはテーブルについていました。頼んでいる人は、キムチを頼んでいるようでした。この黒いスープは気にいりました。

5_2

6_2

7_2

2日目は午後半日歩いてすこし疲れましたが、夜9時すぎにこの行列が気になるので、もう一軒の「本家 第一旭 たかばし本店」の行列に並びました。「新福菜館本店」のほうも時折外にならびますが、次々入っていきますが、こちらは動きが遅い。どうやら少々回転が悪いようです。かなりの時間ならんでいただいたラーメンの麺はきのうと同じ、スープは薄め、同じく九条ねぎがたくさんのっていました。チャーシューが多いのは、今回はラーメンでなく特製ラーメンにしたからです。入り口に特製ラーメンと書いてあった。しかしこんな時間にも並ぶほど人を引きつけるものがあるのかもしれません。それが何かはわかりませんでした。チェックしたブログを書いている方の言によれば、やきめしを食べたいときは、「新福菜館本店」。餃子を食べたいときは「本家 第一旭 たかばし本店」。で、今回は餃子もいただきました。

翌日昼すぎ、この店の前を通ってみたところどちらも行列でした。もう一回きて、今度はやきめしも食べてみないとわからないなと思いながら、新幹線にのりました。

| | TrackBack (0)

December 28, 2013

しっぽこー羽前屋本店

Uzen1

Uzen2

Uzen3

Uzen4

山形のそばの老舗の1つ"羽前屋"にはいったのは実に10年ぶりくらいだと思う(これは11月第2週の土曜日です。)。すっぽこを書いたので、しっぽこを書かねばならなくなったのだが、ブログなるものをはじめる前にはよく行った、というか、山形にきて、はじめて板そばを食べたのも、ここだと思う。要はそばが少々高いので、だんだん敷居が高くなっていたのかもしれません。ここのラーメンも1度食べたことあります。以前テレビの山形ラーメンの番組で出たのもみてました。でもこのメニューにあるしっぽこには気付きませんでした。しっぽくー>しっぽこー>すっぽことなまっていったようです。このうどん冬の大人の味です。いい。寿屋さんより、ちょっと高級感あります。

しっぽこ、すっぽこのうどんの山形伝来には、江戸時代からのうずもれた歴史があるはずです。


| | TrackBack (0)

October 31, 2013

横浜番外編2013ー三幸苑 タンメン

Yokohama2013101

Yokohama2013102

Yokohama2013103

Yokohama2013104

Yokohama2013105

Yokohama2013106

Yokohama2013107

Yokohama2013108

10月26日出張。この日大きい台風が日本列島を直撃し、伊豆大島などに大きな被害をだしました。山形新幹線も朝から止まっていましたが、午後3時過ぎに再開。3時15分に切符がとれてのりました。こういう時の最初の新幹線は時速35kmに制限されているとかで、ゆっくりゆっくり自動車より遅い速度で進み、遅れに遅れて夜9時過ぎに横浜につきました。チェックしていた横浜の老舗「三幸苑」へ閉店近くにすべりこみました。ここは前回はいった「大来」の通りをへだてた真ん前にあります。お店のホームページもあります。野菜が煮過ぎとの評判がどこかに書いてありましたが、口に合う。麺もしっかりした太麺。ぎょうざはうんまいね。これでやっと落ち着いた。朝は台風一過の朝焼けが4時ころからみることができました。

| | TrackBack (0)

June 20, 2013

大阪の麺は...(番外編)

Brutus

Sos1

Sos2

Sos3

Sos4

Sos5

学会は専門医維持のためだけにいくのだが、このところ大阪に2回続けていった。前回は単にたこやきを食べただけであったが、すこしは麺もいただきたい。ちょうど「BRUTUSのラーメン、そば、うどん。特集号」を買っていたので、そのなかで紹介されている大阪の2店にいってみることにした。

SOSラーメンは、独特の甘辛さを特徴とするいままでたべたことない麺のラーメンでした。にんにくもたいへんきいている。替え玉にして、辛しを追加した別の味が二杯目になります。最後に酢とごはんをいれてたべるようですが、そこまではしませんでした。これが大阪のラーメンの味というわけではありませんが、また行ってみたい味です。ホームページをみつけましたが、いまは長期休業にはいっているようです。また来年大阪へ行く機会があればよりたいところです。

大阪は、そばではなくうどんみたいだったので、もう一回は、大阪駅の梅田食堂街にあるうどんやにしました。釜たけうどんはチェーン店のようでしたが、山形でたべるうどんとは異なるもちもちすべすべ感のあるうどんでした。

もちろんこれだけでは何にもわからない。また次の機会にチェックしましょう。旅先の食には、コンビ二が重要なのですが、前回の品川、今回の大阪といい駅の近くにコンビニともちがう新鮮な野菜、果実など夕食用の買い物をする新傾向のお店ができていて便利になりました。

Kamatake1

Kamatake2

Kamatake3

| | TrackBack (0)

June 15, 2013

山形ラーメン2013

Yamagataramen2013

山形県民は、日本で一番ラーメンで外食にお金を使う。従ってラーメン屋は無数にある。競争も激しく、新しい店も続々でてきています。すこしずつ消えてなくなる店もあります。山形に住み着いた1991年からラーメングルメはやっていましたが、記録はまったく残っていません。昔からカメラをやっていればと思います。でもそれは当時私には高嶺の花でした。足繁くかよったのに、いつのまにか無くなっていた名前も忘れてしまったお店もあります。いろいろな事情で、ラーメングルメを中止していた時期があり、ブログ記載によれば再開は2008年7月です。以後は記録があります。

山形ラーメン1(2006.12-2009.8) ラーメングルメ再開2008.7
山形ラーメン2(2009.7-2010.12)
山形ラーメン3(2011.1-2012.3) 四季の定番summary
山形ラーメン4(2012.4-) 山形のラーメン(tumblr版)開始

ついに、山形ラーメンマップ2013のパンフレットがでました(そのhome pageはこちら)。そばマップはno.15になってますので、待望のマップとなります。この35店のうち行ったことあるのは半分くらいです。店の前を通り過ぎるだけで、はいったことない店、まったく知らない店、ほんとにいっぱいあるものです。

ラーメングルメは。天地人です。30店をまわろうとすると又同じ店にくるまで半年はかかります。気に入った5店くらいをまわるのが、正しいやり方と思いますが、最近は固定化の傾向があります。現在の定番お気に入りは、やぶ長太郎亭里味栄屋山辺栄屋北山形くらいです。このマップのまだはいったことないところに少しずつ行ってみたいと思います。今は速報をtumblr版にのせています。

| | TrackBack (0)

February 27, 2013

水郷寺津沼公園ー源氏山吉太夫

Teratsu201302171

Teratsu201302172

Teratsu201302173

Teratsu201302174

Teratsu201302175

Teratsu201302176

Teratsu201302177

寺津という地名は全く記憶にありませんでしたが、山形新聞で、天童の沼に白鳥がきているという記事があり、検索して調べました。嶋地区から天童、谷地へぬける裏道をちょっとはいったところの公園でした。寺津は江戸時代に最上川舟運で大石田につぐにぎわいをみせた町だったそうです。今はひっそりとしていて、ちょっと素通りしてしまう公園ですが、目の前で白鳥にカルガモをみることができる場所でした。寿美子は「癒される」と言っていました。

山形出身の力士では、荘内出身の昭和の横綱柏戸が思い浮かぶが、江戸時代の天童出身の大関源氏山吉太夫のりっぱな銅像がありました。

源氏山 吉太夫(1786~1844)
【げんじやま】 大関。山形県天童市出身。1807(文化4)年に、富士ノ越の四股名で初土俵、1899(明治32)年に入幕。1814(文化11)年、29歳で入幕。1818(文化15)年、33歳で小結昇進。翌年に関脇昇進を果たし、弘前藩津軽侯のお抱えとなり、源氏山と改名。大関昇進となったのは、1825(文政8)年、40歳のときだった。
 当時は横綱制度が無く、大関は実質最高位。優勝5回の記録を残し、1828(文政11)年、43歳で引退。幕内成績は105勝41負6分14無勝負。二代目秀ノ山を襲名して後継育成に努めた。1844(天保15年)年、59歳で逝去。〔碑文年表を参考〕

 (所在地)山形県天童市 寺津沼
 (原作者)奈部雅昭
 (製作年)平成13年10月
 (像形態)立位像・片腕挙ポーズ形

Continue reading "水郷寺津沼公園ー源氏山吉太夫"

| | TrackBack (0)

February 10, 2013

朝日の冬2013ー最上川の白鳥

Asahi2013021

Asahi2013022

Asahi2013023

Asahi2013024

Asahi2013025

Asahi2013026

Asahi2013027

Asahi2013028

Asahi2013029_2

2010年の11月、朝日町のりんごまつりの日に初めて朝日町にいき、その後気に入って繰り返し朝日町をまわるようになったが、1月−2月は雪が多いだろうと、寿美子がいやがっていかなかったが、今回2月にもかかわらず天候に恵まれて、やっと冬の定点に行ってみた。朝日町ワインできいたところ、雪の量は少ないとのことでしたが、定点の八天橋は除雪されていましたが、歩道に雪が積もってなかなか撮影ポイントへ届かない。やっと撮って、やれやれと歩いてゆくと、白鳥が最上川の中でえさをあさっていた。七羽の行進。ダムのところにいるとは聞いていましたが、そこまで行かないで、カメラにおさめることができました。ついでに、Nikonの望遠レンズの新兵器のtestをおこなうことができました。これでわかったことは、ずっと使っていたOlympusのE-410でも十分な性能があるということでした。しばらく併用でいきます。

雪にうずもれた朝日町の産直には青物野菜はなく(当然か)、りんごの残りを買い込んで、朝日町ワインの例の赤の一升瓶を3本買いました。

昼は相変わらずの太郎亭。店のまえに大きな木彫りのおうむが去年の末から登場していました。

Continue reading "朝日の冬2013ー最上川の白鳥"

| | TrackBack (0)

October 31, 2012

朝日町の秋2012.4ー最上川4

Asahi201210281

Asahi201210282

Asahi201210283

Apple20121

Apple20122

Apple20123

Apple20124

10月、11月は朝日町のいちばんいい季節でしょう。山にはいれば紅葉になってるでしょうが、寿美子はいきたがらず、地上を一周した。土曜日は晴れていたが、本日日曜は、雨模様でした。まだまだ限界があり、まあいけるだけましです。傘をさしての撮影ですが、結構違う雰囲気になっています。産直には山のようにりんごがならび、シナノスウイートとシナノゴールドを買ってきました。ことしいちばんの味でした。りんご畑のりんごも真っ赤になっていました。

Continue reading "朝日町の秋2012.4ー最上川4"

| | TrackBack (0)