2 posts categorized "映画・テレビ"

December 06, 2009

ついに終わってしまいました。

他のネタで遅れていましたが、天地人は終わってしまいました。不満なところはいっぱいでしょう。すごいことまとめているひともいます。しかし、直江兼続を世に知らしめて、個人的に楽しむ、学習するという点では、十分満足のいくものでした。多数の直江本がでて、そのいくつかは購入しました。関連史跡もいろいろととのえられました。最終回のできはよかったと思います。全体にコスト削減は露骨であったようです。次にはじまった坂の上の雲に投入しているからでしょうか。わたしは、明治初期の西南戦争までのあゆみをテレビでみたいです(跳ぶが如くの時代)が、この日露戦争までの時代はあまり興味はありません。しかし引き続き見るでしょう。

この天地人、全部をパソコンのfileにしてありますので、いつでも再見できます。パソコンの進化のおかげ。独眼竜政宗を再放送してほしいものだ。むかしの大河もみたいね。有料チャンネルではやっているみたいですが、地デジテレビにかえてチャンネルがいっぱいふえても、右も左もわからず、そもそもみている時間がなく、全然役に立っていない。どこも韓国ドラマばかりやっていることだけはわかりました。おばさんの恋の物語「星を射る」BS11だけはみていますが。

| | TrackBack (0)

April 28, 2008

篤姫1

話が半分近く進んでから、やっとわたしのブログにも篤姫登場です。今週は、安政2年(1855)10月2日の安政の大地震でした。水戸の藤田東湖が死んだ地震でした。西郷隆盛もまだ若く江戸でやっと表舞台に登場した頃。放送開始後、家族ドラマとして人気はどんどんあがっているそうで、しかし嘘くさい話が多くひんしゅくもかっていたようです。NHK版大奥幕末編のはじまりでわたしも楽しみにしています。例によって、益満さんと伊牟田尚平がでてこないか目をこらして見ています。繰り返し出てくる三田薩摩屋敷の表門。庄内藩の薩摩藩邸焼き討ちが1つのクライマックスですから、お楽しみににです。もちろんその前に伊牟田尚平が江戸城に火をはなつのです。終焉はどこになるでしょうか。明治編のエピローグでしょうか?わたしの新徴組年表によれば、安政2年清川八郎26歳、江戸にいます。

| | TrackBack (0)