13 posts categorized "旅行・地域"

September 17, 2015

庄内への遠足2015

このブログを書き始めてからもずいぶん時間がすぎた。3.11からでさえ4年半である。職場の日帰り庄内旅行は今回で3回目になる。

1回目はあつみ温泉萬国屋のランチへいったように覚えている。2回目はアルケッチャーノへいき、松ケ岡開墾場から出羽三山神社であった。

Umi2015

加茂の港がみえると、昔から海が見えて感激したものである。今回もこの日本海の海のにおいを嗅ぎにきたようなものです。もちろんくらげで有名になり、新しくなった加茂水族館へはじめてはいった。

Kamo2015

昼は、またアルケッチャーノでした。料理ものせておいたほうがいいかもしれません。どんなのたべたか忘れてしまう。

Aru2015

出羽三山神社は、ガイドさんの案内付き。何度かきたこの場所の知らないことを教えていただいた。ちょうど東照社の公開をやっていいたので、そこを見学した。ここでもガイドさんが東照社のひとに解説させてしまう押しの強さには驚いた。

Sannzan2015

Tokugawa


鬼怒川決壊の大雨が通り過ぎたあと、つかの間の晴れの日であったが、山は曇っていて、庄内からは、鳥海山も月山も見えず、夕方かえりにやっとちょっとだけ鳥海山を拝むことができた。

Chokai2015

| | TrackBack (0)

October 31, 2013

横浜番外編2013ー三幸苑 タンメン

Yokohama2013101

Yokohama2013102

Yokohama2013103

Yokohama2013104

Yokohama2013105

Yokohama2013106

Yokohama2013107

Yokohama2013108

10月26日出張。この日大きい台風が日本列島を直撃し、伊豆大島などに大きな被害をだしました。山形新幹線も朝から止まっていましたが、午後3時過ぎに再開。3時15分に切符がとれてのりました。こういう時の最初の新幹線は時速35kmに制限されているとかで、ゆっくりゆっくり自動車より遅い速度で進み、遅れに遅れて夜9時過ぎに横浜につきました。チェックしていた横浜の老舗「三幸苑」へ閉店近くにすべりこみました。ここは前回はいった「大来」の通りをへだてた真ん前にあります。お店のホームページもあります。野菜が煮過ぎとの評判がどこかに書いてありましたが、口に合う。麺もしっかりした太麺。ぎょうざはうんまいね。これでやっと落ち着いた。朝は台風一過の朝焼けが4時ころからみることができました。

| | TrackBack (0)

September 10, 2013

歓喜寺(清川)2013

Kiyokawa20131

Kiyokawa20132

Kiyokawa20133

Kiyokawa20134

Kiyokawa20135

Kiyokawa20136

Kiyokawa20137

ゴールデンウイークに清川へ行った。清河八郎記念館は3回目くらいかと思う。歓喜寺は初めて。電車で行くと、陸の孤島みたいなところで、ひともタクシーもみかけず、電車はほんとに数えるくらいしかでていないので、無駄な時間が過ぎていく。八郎とお蓮の墓がならんであった。東京の伝通院にも同じようにならんであるそうだ。

もう9月になってしまいました。荘内日報の「お蓮」の連載も100回を越えています。今は井伊大老暗殺の場面をやっています。ーー藤沢周平を読んでいると視線は井伊大老のお供のものたちの運命に眼が初めていきました。もちろん唯ではすまかったのです。

清河八郎を書いた本は多い。ふるすぎるものは著作権も切れて電子化されて公開されていました。

山口忠助『幕末の奇傑贈正四位清河八郎』大正12年


大川周明 清河八郎 昭和2年
(大川周明全集 第4巻佐藤信淵・清河八郎・雄能先生伝他 大川周明全集刊行会、 昭37)
  その図版

| | TrackBack (0)

June 20, 2013

大阪の麺は...(番外編)

Brutus

Sos1

Sos2

Sos3

Sos4

Sos5

学会は専門医維持のためだけにいくのだが、このところ大阪に2回続けていった。前回は単にたこやきを食べただけであったが、すこしは麺もいただきたい。ちょうど「BRUTUSのラーメン、そば、うどん。特集号」を買っていたので、そのなかで紹介されている大阪の2店にいってみることにした。

SOSラーメンは、独特の甘辛さを特徴とするいままでたべたことない麺のラーメンでした。にんにくもたいへんきいている。替え玉にして、辛しを追加した別の味が二杯目になります。最後に酢とごはんをいれてたべるようですが、そこまではしませんでした。これが大阪のラーメンの味というわけではありませんが、また行ってみたい味です。ホームページをみつけましたが、いまは長期休業にはいっているようです。また来年大阪へ行く機会があればよりたいところです。

大阪は、そばではなくうどんみたいだったので、もう一回は、大阪駅の梅田食堂街にあるうどんやにしました。釜たけうどんはチェーン店のようでしたが、山形でたべるうどんとは異なるもちもちすべすべ感のあるうどんでした。

もちろんこれだけでは何にもわからない。また次の機会にチェックしましょう。旅先の食には、コンビ二が重要なのですが、前回の品川、今回の大阪といい駅の近くにコンビニともちがう新鮮な野菜、果実など夕食用の買い物をする新傾向のお店ができていて便利になりました。

Kamatake1

Kamatake2

Kamatake3

| | TrackBack (0)

May 09, 2012

味一(西新)2−博多番外編

Hakata20121

Hakata20122

連休前の4月末に福岡へいった。学会は主として専門医維持のためにいきますが、少し前にさぼっていたので、このところ欠かさずいかないといけない。時間がないのに博多は困るが、いくとなると、それなりに快適なところに泊まりたい。福岡ドーム球場の隣のヒルトンが比較的料金が安かったので、2年前と同じ西新となった。今回のヒルトンはシングルで頼んだのに一人でツインの広い部屋を使わせていただき快適であった。

西新の味一で2泊の夕食をいただいた。1日目、激辛中華。2日目、ふつうの中華。豚骨を唐辛子とラー油でからくしたものだが、あとから食べた普通の中華にからい漬け物をつけた方が豚骨ラーメンをたべている感じになる。餃子と前回食べてみたかった酢もやしをいただいた。移動時に他店もちょっとチェックしたが、わたしにはここが合う。山形以外で4回もはいったのはここだけです。「森山加代子 白い蝶のサンバ」が流れていた。イメージぴったりでした。

おみやげも、西新のかば田のめんたいことそこに売っていた漬け物ですんだ。ここに来て金印の由来と謎について学習できた。

Hakata20123

Hakata20124

Hakata20125

Hakata20126

Hakata20127_2

Hakata20128


| | TrackBack (0)

October 15, 2011

サンマー麺ー大来(横浜)番外編

Yokohama20111

Yokohama20112

Yokohama20113

横浜にいく機会があったので、カップラーメンにある"サンマー麺"をお昼にいくことにした。桜木町駅の海側は新開発の現代的な町ですが、反対側にいくと昔からの町並になっています。"サンマー麺"の店もこちら側に何軒もありましたが、いちばんはいりやすそうだった大来にはいりました。中華飯の上の具がスープになった細麺のラーメンでした。ごはんはいかがですかと言われた意味がわかりました。山辺のもやしラーメンに通じるもののようです。相席になったおじさん2名がたべていたたんめんがすごい太麺でうまそうでした。次回来たときに食してみます。この店のおばさん、帰りにひとりひとりていねいに「ありがとうございました」と言っていました。へえーっと思いました。

今の時期、日常生活はもとにもどっていますが、横浜など、大地震や津波がきたらとんでもないことになるわけで、東日本大震災を経験した後では、どこで何していても安心できないと思いました。

| | TrackBack (0)

August 03, 2011

美女いくさ2011夏2ー養源院(京都)

Hyakujyu1

Kokuritsu

Kokuritsu20112

土日と京都までいったので、帰りに例によって京都国立博物館へ寄った。「百獣の楽園、美術にすむ動物たち」をやっていた。若冲の犬がたくさん描いてあるの(百犬図)が、印象的でした。以前2005年に曾我蕭白展をみて以来ここはやみつき。常設展をやっていた建物が新築中で時間があき、ぶらぶら三十三間堂でもみようかと歩いていたら、ふとこの辺に「江」が作ったお寺があるはずと思い、人けのない方に歩いてゆくと、あった、あった。入り口に血天井の看板がある。養源院というところでした。おそるおそる中へはいってみると、これから説明があるから中へどうぞと言われ、500円はらって中へあがる。撮影は禁止であったが、伏見城攻防戦で鳥居元忠以下1000人余りが城を死守し,最後に自刃した廊下の板の間を供養のために天井としたものと天井をみあげながら説明してもらった。聞いているひとは10人くらい。それで終わりでなく、どこかでみたことのある有名な俵屋宗達の杉戸絵(写真はネットからひろってきたものです)、左甚五郎が作った廊下、そして唯一のこる「江」の肖像画(ただし本物は長浜の江展に貸し出し中でした)に秀次と淀君の肖像画の特別展示がありました。いずれも有名な絵でした。

Go20112

Tawaraya1

Tawaraya2

なんと内容の濃い、江戸時代のお寺という雰囲気たっぷりのところでした。庭は秋の紅葉がすばらしいようです。ネット検索でいくらも紅葉の写真がでてきます。京でいちばん「江」様に触れることのできる場所を短時間で見ることができました。ラッキー。

Yogenin201107311

Yogenin201107312

Yogenin201107314

Yogenin201107313_4

Yogeninsum


京へいったら、特徴的なラーメンを食べたいと思ったが、伏見の酒粕ラーメンは時間がなく、ホテルの近くの二条城周囲の有名店ですませた。京ラーメンの特徴は、わからないまま。歩いていて、にしん蕎麦の老舗が気になった。にしんそばは京が発祥の地でした。

Kyo201107301_2

Kyo201107302

| | TrackBack (0)

November 03, 2010

味一(西新)ー番外編博多ラーメン

Ajiichi1010261

Ajiichi1010272

Ajiichi1010263

Ajiichi1010273

先週福岡へ出張。さっそく博多ラーメンをチェック。宿泊が西新というところで、福岡ドームの隣の高いホテルのちょっと先のワンルームマンションのような作りのところであった。部屋は過去に泊まったどのホテルより広くゆったりしていた。海岸まで10分も歩けばいくところだった。隣に福岡市博物館があり、金印のあるところのようでしたが、中にはいることはできなかった。江戸時代に金印がみつかった志賀島がみえました


ラーメンは西新の味一というところへ2回はいりました。夕方はいったのですが、2回とも満員。人気のところのようです。細くて硬めの独特の麺、チャーシューもとろけるようで、2回目は激辛のとんこつをいただきました。焼酎を飲んで、酢もやしを食べて夕食にしているひともいました。グルメというより生活です。

この真っ青のトンネルは巨大な箱物の入り口です。赤くなった黄色くなったりします。

新幹線も速くなりました。9時半に福岡をでると夕方には山形へ着きます。

Fukuoka1010272

Shiga1010271

Fukuoka101028

| | TrackBack (0)

March 23, 2009

出雲2-岡山駅に忘れ物

普段職場でピッチを首にかけているのは、手でもって歩いているとよく忘れるからです。どこへいったかわからなくなって、探すことがしばしばでした。それを旅先でやってしまいました。ゆきの岡山駅、トイレで電車の時間とあわててでたのが失敗でした。特急やくもで出発してから携帯電話のないことに気付きました。さあどうしよう。引き返すかそのまま行くか。約10分で隣の倉敷へ。仕方ないまだそんなに時間はたっていないと、引き返すことにしました。幸い時間的余裕があったことがよかったと思います。また幸いすぐ岡山ゆきの特急がきたので、それにのって岡山へもどりました。トイレからでて約1時間。もどってみると、やはり携帯はありませんでした。もうでてこないだろうと思いましたが、一応どうすればいいか届けておこうとまず改札口へ。駅員さんは、手慣れた調子で、まずそのような忘れ物が届いていないか確認。駅の外の忘れ物センターへいってくださいと、その位置を示す紙切れをくれました。まずそこへやっといくと、状況となくしたものと住所を書いて、一応警察にもとどけてください、といわれとなりの交番へ。やれやれと思って交番で話しているところへ、その忘れ物センターから電話がきて、それらしきものが駅の改札口へ届いたと。かけつけてみると、奇跡的に自分の携帯に再会。届けてくれた人は、急いでいると名前は教えてくれなかったと。そこでほっとして、また忘れ物センターと交番へよって、お礼をいってから、再びやくもにのりました。その間約2時間の遅れになりました。ーーーそろそろ携帯の更新期にあり、まあとりかえればいいかと思ってましたが、愛着がわいてもうすこしこの旧式につきあいましょうかということになりました。ラッキーだったと思います。親切なひとはいるものです。

| | TrackBack (0)

March 22, 2009

出雲

Izumo0

Izumo1

Izumo4

Izumo2
spadespadespadespadespadespadespadespadespadespadespadespade


松江へ出張。学会でとっているホテルをいい加減にえらんだので、とんでもなく狭い部屋で閉口した。もっともこんなちいさな町だと高いホテルでないとまともなところはなかったかもしれない。もう一生いくこともないかもしれないので出雲大社だけにはいってみることにした。平成の大遷宮で工事中。出雲の阿国の墓があり、ちょっと歩くと、日本の渚百景に選ばれている稲佐の浜へでた。なかなか絵になる風景ですが、写真はへた。時間的に無理と古代出雲歴史博物館はパス。

Izumo3


だんだんで有名になった出雲そばにしじみ汁だけを食べて帰ってきた。


| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧