3 posts categorized "山形の温泉2"

December 20, 2011

山形蔵王ー山形雪化粧2011-3

Zao201112172

Zao201112171

忘年会は蔵王に上って温泉一泊で。わたしは年なので日帰り。去年一昨年は雪がなく、スキー場とも思えませんでしたが、ことしはなんとか滑べってましたが、実際はがらがら。スキーは今時それほどはやってはいないようです。蔵王は硫黄臭くて、後がたいへんですが、年に1度くらいは温泉にゆっくり浸かりたいわ。

Zao201112173

Zao201112174

Zao201112175

昼は湯気の中の温泉街。去年に引き続き奥村そば屋さん(2)で中華そば500円。去年も次回はみそと思って店を出た。できればこの冬にもう一度行きたい。

Okumura201112171

Okumura201112172


| | TrackBack (0)

September 13, 2011

りんご麺ーりんご温泉

Asahi201109111

Asahi201109112

朝日町にいっても人気(ひとけ)は少ないが、産直和合朝日町ワイン城は、ひとの出入りが多い。むしろこの2ヶ所に行くために、他どこいいか探しているようなもの。このところ2−3週に一度は訪れています。気に入っているということでしょう。りんごと赤ワインの一升瓶を手に入れ、りんご丸つぶしの生りんごジュースをのんでいきます。

Ringo201109110

Ringo201109111_6

Ringo201109113

"山形県の朝日町は、リンゴの生産が町の6割を占める「リンゴの里」。ここで開発されたリンゴの加工品のひとつに「りんご麺」がある。1食でリンゴ1個分の食物繊維を摂取できる優れもの。" そうめんだそうですが、暖かいラーメンと冷やし中華にしたのがあり、りんご温泉の2階ひめさゆりでいただきました。冷やし中華にくだものはのってますが、りんごはのってません。この麺は冷やしの方があうようです。風呂は塩分が多く、パンフレットにあるようにりんごも湯船に浮かんでましたが、まだ出始めなのか2−3ヶでした。露天もあるようですが、場所が異るので行きませんでした。

かえり、よらなければいいのに鈴亭(3)の肉そばを食べていきます。ここの肉そばは、スープがやや甘め以外はOK。おまけのつけものも毎回違うのがでてくるようです。この黄色いのかぼちゃ?実は産直和合で買ってきた変なカボチャだと思いました。自宅でも作ってみたが、こっちがいい。定番化しそうですが、ほかのメニューもいきたい。

Suzutei201109111

Suzutei201109112


| | TrackBack (0)

December 12, 2010

山形県温泉年表

Zao101241

Zao101242

Zao101243

Zao101244

Zao101245

Zao101246

Zao101248

蔵王開湯1900年の蔵王温泉は、忘年会シーズンとはなったがまだスキーも出来ない状態です。蔵王温泉の歴史は山形史を学ぶものにとって、興味津々ですが、蔵王国際ホテルの温泉の入り口にかざってある山形県温泉年表は、蔵王が山形最古の温泉であることを示しています。蔵王温泉開湯1900年の由来はここに書いてあります。ホテルの部屋に例の西行の短歌

類(たぐい)ひなき思いではの櫻かな うすくれなゐ(い)の花のにほひは

が書いてあります。瀧山がこの山なのかここに滝の山論争のかげが見えます。百目鬼温泉や徳洲温泉!なんて平成の最新の温泉ですが、歴史に残るのかいな!?

国際ホテルの宴会は去年と同じようなメニューでしたので、写真は省略いたします。八右衛門の湯の露天風呂を今回は撮影してきました。いいお湯です。硫黄が強いので、帰ったあと数日は臭いです。「12月10日現在、雪化粧はしていますが、まだ全山(すべて)滑走できません。降雪待ちです。」寒波よ、こい!

Zao101249

Zao1012410

| | TrackBack (0)