5 posts categorized "医療"

May 05, 2011

訃報:小島英明先生逝く

Kojima1996

小島英明氏
佐世保共済病院 検査科部長(その他いろいろな前職の肩書きがつきますが省略させていただきます)
2011年4月16日 午前0時2分、佐世保赴任先で、急性心不全のため逝去いたしました。

個人的には地震から1週間ぐらいして電話してみたのが最後となりました。まだ多くの仕事をのこしていたでしょうに、残念です。彼の仕事で世界初は3つあるとご自分で話されていました。ホームページがあったのですが、消えたまま再開していたのかどうかわかりません。


21世紀の日本人は3.11を知らないでなくなった人、3.11が原因でなくなった人、3.11を見てから3.11以後の時代を生きないでなくなる人、そして3.11以後(災後ともいう)を生きる人に分けられるようです。3.11以後よく人がなくなります(「キャンディーズ」の田中好子さんも含む。)お世話になった大先生もお隠れになってしまいました。1996年に初めてお目にかかった頃の写真を掲載します。左端の湯田文朗先生は、3.11を知らないでなくなってしまいました。いちばん右が大先生で、わたしは右から2番目、ただし1996年の姿です。わたしはまだまだ3.11以後の日本を生きるつもりですが、いつまで続けられることやら、、

3.11以後の日本ではっきりしていることは、国はますます貧乏になるということです。まちがった国の税金の使い方を変えないといけません。国のシステム(あらゆる分野で)がまちがっているのです。しかし明治維新以来理想をとなえた人々はみなつぶされた。現在でも同じ。

| | TrackBack (0)

February 24, 2011

げそ天白味噌ラーメンーさぶちゃん(上山)3

Sabuchan110220


日曜日には、仕事で上山で講演会をさせていただいた。お客さんは400名も。頭の病気が専門なのでそちらの予防の話になります。人前で話す時にはできるだけわかりやすく、かつ役に立つ話をしたいと思っています。どうだったでしょうか?帰りに会場の近くのさぶちゃんで、上山市のおごりでラーメンをいただきました。ゲソ天をはじめからラーメンにのせたのははじめてです。くだもののおまけつき。あとで腹にもたれました。


Kaminoyama201102

| | TrackBack (0)

November 30, 2007

或る病院の一生

或る病院の一生という文章がネットで密かに話題になっているそうです。この文章の元は、この病院のライフサイクルで、そのモデルは、あるネットでの記事によれば、庄内余目病院と新庄徳洲会病院、湘南鎌倉病院と大船中央病院の4つの病院をあわせて書いているそうです。内容についてコメントする気はありませんが、一読に値するようです。

|

October 20, 2007

訃報

Yuda

去る9月28日 夜 以前に勤務していた病院の病理医 湯田 文朗 先生(享年52歳)がご逝去されました。先生には、多数の症例の診断にご協力いただき、診断困難な希有な症例の学習にもご指導いただきました。さらにその成果の公表にも多大なご協力をいただきました。ここに謹んでご冥福をお祈りいたします。

本当にいい人ほど先にいってしまいます。この先生は顕微鏡が似合う方でした。


|

December 07, 2006

医療崩壊

医療問題について書く気は全くないが、興味深い記事をみつけたので、linkしておく。イギリスで病気になってはいけない!イギリスの病院に行ってはいけないそうです。ついでにブルガリアの医療情報も。世界は広いが、日本の医療崩壊なんてまだかわいいもの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)